アカウミガメの赤ちゃんが・・・

今日3月11日のお昼前に、アカウミガメの赤ちゃんが荒波の琴引浜に

打ち上げられました。ご存知の通り、ウミガメは絶滅危惧種で、一般の方が

飼うことはできません。浜の管理事務所からの連絡で、当館の館長が

保護する為に引き取りに行きました。かなり弱っていましたが

ストーブ横で温めたところ、結構動き回るまで回復してきました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全長15センチ、甲羅は9センチ×10センチ。

背中にはフジツボが付いています。そして、何かに噛まれたのか左足が

欠けています。

ウミガメ協議会の方によると、昨年夏ごろ日本海で生まれた固体では

なかろうかということです。

当館では、過去2014年2月と2015年2月に同サイズのアカウミガメを

保護し、暖かくなってから放流している経験があります。

ですが、今回は丹後魚っ知館で保護していただくことになりました。

もうすぐお迎えが来ます。

 

タグ

2019年3月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ 文化館

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。