「鳴砂コンサートの夕べ」有難うございました!

 9月24日午後5時30分から7時30分まで、当館において「鳴砂コンサートの夕べ」を開催しました。夕冷えの中を50人を超える来館の方々が、「ばんばらこ」の歌声に酔いしれ、「ドック・宮地とアンクルペン」の軽快なリズムとトークに魅了されました。ちっぽけなコンサートですが、多くの方々の善意と温かいご協力をいただいたおかげで、主催者はもちろんのこと、お客様、出演者すべてが一体となり、素敵なコンサートとなりました。初めての企画で不手際もたくさんあったことをお詫びいたしますが、来年もまたやってほしいという声に勇気をいただきました。本当に有難うございました。

夕闇せまる柔らかい光のなか、「ばんばらこ」のお二人の登場です。オープニングは、中島みゆきのレパートリーから「時代」を熱唱。この曲を含めて8曲を披露していただきましたが、夫婦息の合ったトークと澄み切った歌声がお客様を魅了しました。

夕日が落ちて背景がシルエットに浮かぶなかで熱唱する「ばんばらこ」の二人。鳴砂コンサートの夕べにふさわしい情景です。

お客様も、「ばんばらこ」の澄み切った天使のような歌声(ちっともオーバーではないですぞ!)に聞き入っていました。

続いて「ドック・宮地とアンクルペン」の登場です。元気なオジサンの5人組です。ブルーグラスミュージックを得意とし、オープニングは Blue Ridge Cabin Home 。全部で10曲の軽快なメロディーと歌声、そして宮地代表のユーモアあふれるトークで、会場を盛り上げていただきました。

続いて、特別ゲストの平田さんが加わり、ボーカルとパーカッションを披露。6人のオジサマたちがステージ(草の上?)で大暴れです。会場内に異様な熱気が漂いだしたと思ったら・・・・

寒さに震えたお客様のために、急きょ焚火が登場。会長さん、有難うございます! 人も会場内も暖まりました。

出演者と観客が一体となり楽しい雰囲気のなかでエンディングを迎えました。

主演者の皆様、観客の皆様、そしてご協力いただきましたすべての皆様に感謝申し上げます。本当に有難うございました。

 

 

タグ

2011年9月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文化館からのお知らせ 文化館

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。