磯観察

1月21日引き潮の琴引浜(東端)では、磯観察が楽しめました。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

日頃は、波があり歩けないところです。

ムラサキウニ

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキウニやイソギンチャクがいっぱい並んでいました。

ムラサキウニ

 

 

 

 

 

 

 

小さな子どものムラサキウニもたくさん。

イソギンチャク

 

 

 

 

 

 

 

ミドリイソギンチャクもたくさん見つかります。

イソギンチャク

 

 

 

 

 

 

 

指で触ると、吸い付きますよね。でも、毒を持つものもあるので、安易に触るのは危険かもしれません。

イソギンチャク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかな緑が目立っていたイソギンチャク

イソギンチャク

 

 

 

 

 

 

 

気持ち悪くて苦手な方もいるかもしれませんね。

ホウズキフシエラガイ

 

 

 

 

 

 

 

ホウズキフシエラガイと言うウミウシの仲間のようです。

ウミウシの仲間

 

 

 

 

 

 

 

 

3体ほど見つけました。琴引浜鳴き砂文化館のFacebookでは、動画もご覧いただけます。

ヒトデ

 

 

 

 

 

 

 

ヒトデ、今回は1体しか見つけられませんでした。

これはなに

 

 

 

 

 

 

 

薄ピンクが美しいこれは何でしょうか?海藻の仲間でしょうか? 調べてみると、ピリヒバと言う海藻のようです。

海ごみ

 

 

 

 

 

 

 

海藻に絡まった漂流ゴミ、石油製品の漁具(ロープや網)です。これがマイクロプラスチックになり、海の生き物にダメージを与えるのです。人間の管理不行き届きで出たゴミです。

磯観察

 

 

 

 

 

 

 

海面から首だけ出している鴨?が2羽、スイスイ泳いでいます。

洞窟

 

 

 

 

 

 

 

洞窟も見えてきました。波の音が激しくなってきたのでそろそろ引き上げます。

磯観察

 

 

 

 

 

 

 

冬場の磯観察は、波に十分注意してください。急に高い波が来ることもあります。必ず逃げ道確保、無理はしないように!!

また、岩場も海藻が付いていてとても滑りやすいですよ。

2021年1月23日

新幹線機関誌「ひととき」に掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

東海道・山陽新幹線の機関誌「ひととき」20212月号に

琴引浜鳴き砂文化館が紹介されました。

新幹線に乗る機会があれば是非ご覧ください。

 

 

 

2021年1月22日

今日の琴引浜~東側~

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴミ一つない美しい琴引浜~~~のように見えますが、振り返ると・・・

琴引浜の東側

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の漂着ごみ・・・。海に入り込んだゴミを波が運び、ほんの一部が浜へ到着、大波がまた、ゴミをさらって、どこかの浜へ打ち上る

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

世界とつながっている海は、各国のごみを海流に乗せて運ぶ

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜でも外国のごみをよく見かける

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜だけでこれだけのごみということは、海に漂流しているゴミはとてつもなく多いことが容易に考えられる

漁具のごみ

 

 

 

 

 

 

 

漁具のごみはカラフルで大きく良く目立つ

漁具のごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、韓国製の寄せ餌カゴだそう。中に魚のアラを入れておくとか

漁具のごみ

 

 

 

 

 

 

 

竹に3枚ほどの布切れが付いていた、船に取り付けていたものであろうか

琴引浜東端

 

 

 

 

 

 

 

1月21日午後4時ごろ、漂着ごみの側で琴引浜の鳴き砂も良く鳴いていました。

琴引浜鳴き砂文化館のFacebookでは、動画も配信しています!

2021年1月21日

琴引浜の打ち上げ貝紹介~PART2~

頑丈で携帯しやすいタカラガイ…

世界中の暖海域、特にインド・太平洋を中心に分布。潮間帯から水深500mくらいまでの岩礁などに生息しているよう。

タカラガイ

 

 

 

 

 

 

 

沢山の種類があります。世界に230種類ほどいる。

タカラガイ

2021年1月21日

琴引浜の打ち上げ貝紹介~PART1~

貝がら

 

 

 

 

 

 

 

 

海の中で生活していた貝たちは、いづれ抜け殻となり、波によって浜へ打ち上げられます。

タカガライ

 

 

 

 

 

 

タカラガイは、世界中で一番人気の貝がらです。タカラガイの中でもキイロダカラ(黄色宝)は、古代お金の代わりに使用していたとか。持っているとお宝を呼ぶと云われる縁起物「タカラガイ」!!

ウラウズガイ・ウズイチモンジ

 

 

 

 

 

 

大きさ形はそっくりですが、模様が違います!貝がら手作り体験でも人気の貝がら!

サラサバイ

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかなピンクやオレンジのサラサバイ! とってもかわいい!

貝がら

 

 

 

 

 

 

アオイガイはタコが自分の分泌液でこの美しい殻を作ります。本当に美しい貝がらです。

2021年1月17日

今日の琴引浜~東の端『あそびーち』~

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

 

今日1月15の様子、サーファーが数人いました。

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は快晴でしたが、雪の残るところもちらほら。あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

 

通路

 

 

 

 

 

 

 

 

浜へ降りる通路にも風で飛ばされ漂着ごみが沢山。

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

後背地の山側にはまだ雪が残っています。

発泡スチロールのごみ

 

 

 

 

 

 

 

まず目についたのは、発泡スチロールの破片ごみ

発泡スチロールの破片ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

発泡スチロールの破片ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい量の発泡スチロールの破片ごみ

発泡スチロールの破片ごみ

 

 

 

 

 

 

 

 

波が打ち寄せる線に沿って、どこまでも続く発泡スチロールの破片ごみ

後背地の岩

 

 

 

 

 

 

 

後背地の岩にぶつかり沢山の発泡スチロールの破片ごみがくっついています。

発泡スチロールの破片ごみ

 

 

 

 

 

 

 

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

あそびーち

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂はちょっと音が小さめでしたが、鳴いていました。

自然の恵み

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の恵み・・・おいしそうな海藻や貝殻が沢山漂着していました。美しい流木も見つかりました。

貝がら

 

 

 

 

 

 

 

アオイガイも一つ見つけました!

2021年1月15日

雪の下のソーラーライト

昨夕、雪の下で点灯しているソーラーライトを見つけました。

ソーラーライト

 

 

 

 

 

 

雪で埋まってしまったソーラーライトが無事なのか心配していたところでした。

ソーラーライト

 

 

 

 

 

雪の下でも一生懸命任務を果たしてくれていました。

ソーラーライト

 

 

 

 

 

 

 

暗くなったら足元を照らしてくれて大活躍のソーラーライト君!

雪の下でも活躍するソーラーライト君を、積雪の時期は一旦避難させるべきか迷うところです。

2021年1月14日

今日の夕焼け

夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も網野町は雪が降ったり止んだりの天気でした。

夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けは、どこで見てもきれいですよね。

夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

午後5時頃の様子でした。

2021年1月10日

『丹後フォトクラブ写真展』開催中

丹後フォトクラブ写真展

 

 

 

 

 

 

 

 

当館では今回で3度目の『丹後フォトクラブ写真展』となります。

丹後フォトクラブ写真展

 

 

 

 

 

 

 

 

地元京丹後市の自然風景や人々の営みを切り取りました。また、岐阜県・長野県・新潟県など旅先の自然風景写真も・・・


2021年1月9日

夕方の文化館

夕日

 

 

 

 

 

 

 

 

午後5時前、高天山(かな?)を囲むように夕日が沈みます。

氷柱

 

 

 

 

 

 

 

気温の低い一日だったので、随分氷柱が成長しました。夕方17時の氷柱。

午前の氷柱

 

 

 

 

 

 

 

午前9時半ごろは、こんな大きさでした。

2021年1月8日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。