琴引浜の鳴り砂を守る会

琴引浜の鳴り砂を守る会

琴引浜の鳴り砂を守る会は、1987年に地元住民を中心に設立され、さまざまな鳴き砂保護活動に取り組んできました。これまでに行ってきた主な活動としては、浜辺の清掃、鳴き砂保護の講演会やシンポジウムの開催、中国やタイへの鳴き砂調査団の派遣、浜への流入河川の水質調査や水質浄化、漂着物展の開催、浜の背後地の植林等々が上げられます。

なかでも、1997年に起こったナホトカ号重油災害では、琴引浜における重油回収作業の中心的役割を果たし、元通りの美しい浜辺を取り戻すことができました。その功績が認められ、環境庁(当時)から「地域環境保全功労者」の表彰を受けています。

浜辺を清掃する会員たち1
浜辺を清掃する会員たち1
浜辺を清掃する会員たち2
浜辺を清掃する会員たち2
海の環境保護を考えるシンポジウム
海の環境保護を考える
シンポジウム
琴引浜の漂着物展
琴引浜の漂着物展
第20回全国豊かな海づくり大会における鳴き砂体験コーナー
第20回全国豊かな海づくり大会における鳴き砂体験コーナー

メニュー