今日の琴引浜

今日6月26日、昨日から降り続く雨で砂は湿っていて鳴きません。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からは小雨となりました。波は穏やかです。そして大量の海藻が漂着していました。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど琴引浜の中央部辺りだけがこの状態でした。

海藻

 

 

 

 

 

 

 

生え変わりの時期なのでしょうか・・・

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

自然な漂着物なので、いずれ自然に帰るものですが、プラスチックのような石油製品の漂着ごみはずっと残り続けます。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

風化してボロボロになり、小さくなっても存在し続けます。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

この小さな石油製品のごみ、プラスチック破片、発泡スチロール片など、軽くて浮くので世界中の海で見つかり、無人島にも流れ着き、海鳥や魚が餌と間違えて食べたり、親鳥がヒナにプラスチック片を餌と間違えて食べさせたりと、事故が起こっています。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな海岸でいつまでも海遊びができるよう、、人間の不行き届きで生物が困らないよう、、清掃活動にご協力をお願いします。

SDGS

 

 

 

 

 

 

2020年6月26日

JapanGovで琴引浜の紹介

今年の1月に日本政府国際広報誌『We Are Tomodachi 』に琴引浜関連の記事が掲載されました。


 

 

 

 

 

その動画版として、今回6月19日、海外向けに放送されました。

国内ではNHKワールドのホームページ上で視聴していただけます。

NHKワールド「海洋プラスチックごみ」特集番組(英語放送)https://www.jibtv.com/programs/saving_pristine_shores_from_ocean_waste/

長崎県対馬島、京都府京丹後市、福井県敦賀市の順にご覧いただけます。

2020年6月20日

琴引浜の漂着ごみ調査情報

琴引浜は、皆様からの清掃協力費兼駐車料金を利用して、毎日清掃活動を行っています。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、東西1800mある琴引浜のすべてのごみを拾いきることはできず、また、波や北西の風で漂流物が打ち寄せます。拾ってもきりがないですが、拾い続けている浜です。


 

 

 

 

 

昨年の冬、大量の漂着ごみを一カ所に集めた写真です。

漂着ごみ調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜に流れ着く「漂着ごみ」を毎月調査されている『琴引浜ネイチャクラブハウス』主催の安松さんのホームページをご覧ください。

医療廃棄物、使い捨てライター、小さな漁具関係、クルミなどの自然なもの、などなど、国別に分け、数分けしてわかり易く紹介されています。

当館で紹介している漂着物展示は、安松さんが調査されたものです。

漂着物展示

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみの現状を、是非、ご来館され確認してください。琴引浜ネイチャークラブハウスも、日時限定で開館していますので、併せて見学してください。

 

2020年6月18日

琴引浜自然教室 中止のお知らせ

毎年恒例の『琴引浜自然教室』は、琴引浜ネイチャークラブハウス主宰の安松夫妻による、『ほんもの化石に触れ、学び、化石ペンダント作りなどができる楽しい体験教室』です。

今年は新型コロナウイルス感染症対策などの影響もあり、中止を決定しましたのでお知らせ致します。

尚、みんなに人気の琴引浜ネイチャークラブハウスは、期間限定で開館していますので、是非お立ち寄りください。

ネイチャクラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜海水浴場への迂回路、掛津川沿いにあります。緑色の小さな橋が目印!

ネイチャクラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

貝殻やシーグラス・化石のペンダント・ストラップも販売されています。

ストラップ

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、琴引浜通信で検索してください。

開館日も琴引浜ネイチャークラブハウスのホームページに掲載があります。

2020年6月18日

フタスジモンカゲロウ

見かけない虫が窓ガラスに止まっています。

館辺りは砂地で、カゲロウの幼虫蟻地獄が生息しています。

もしやと思い、調べてみると、フタスジモンカゲロウと判明。


2020年6月15日

琴引浜の西隣「水晶浜」の様子

昨日、6月10日水晶浜へ行ってきました。

網野町小浜

 

 

 

 

 

 

水晶浜までの沿岸遊歩道から見る日本海の景色は最高にきれいでした。

網野町小浜

 

 

 

 

 

 

海藻が生い茂っているのか、いつもと違う景色が見られました。

水晶浜

 

 

 

 

 

 

水晶浜です。大量のごみが打ち上っていました。

水曜浜

 

 

 

 

 

 

水晶浜はとても小さな浜です。ごみの搬出は、遊歩道からは難しく、船での搬出になります。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

本国のごみも沢山漂着していますが、中国や韓国など外国からのごみも沢山見つかりました。

焚火跡

 

 

 

 

 

 

焚火の跡です。飲食した後も片付けられていなく、アルミ缶まで燃やされた跡です。

アミ

 

 

 

 

 

トング

 

 

 

 

 

 

鍋

 

 

 

 

 

網、トング、花火の跡、なべ、煙草の吸殻など、明らかに漂着ごみでなく、この場で捨てられた状態でした。

タバコの吸い殻

 

 

 

 

 

 

更に、美しい海で遊んだ後始末もできていません。

浮き輪

 

 

 

 

 

浮き輪、ゴムボート、オール・・・

ゴムボート

 

 

 

 

 

オール

 

 

 

 

 

美しい自然を求めて丹後でバーベキューや海遊びを楽しまれたのではないでしょうか。

日本海側の沿岸は、大量の漂着ごみが流れ着きます。

水晶浜は、まるでプライベートビーチみたいで、地元の人々の人気も高く、

サップやシーカヤックで水晶浜のごみ拾い活動も行われています。

ただ、大量のごみを持ち帰ることは難しく、拾ってもまた打ち寄せる漂着ごみに困っています。

せめて、持ち込んだ飲食やゴミの後始末をしてください。

そして、少しだけ漂着ごみを拾っていただけると、いつまでも美しい水晶浜になるのではないでしょうか。

ハマウツボ

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道では、ハマウツボ(写真)、アザミ、テリハノイバラなど美しい花と鮮やかなグリーンが楽しめました。

2020年6月11日

琴引浜海開きと漁師体験

沢山お問い合わせ戴いております標記の件が決定しましたので、お知らせ致します。

 

琴引浜の海開き(予定)7月5日(日)です。

但し、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定が変更される場合がございます。

毎年好評の漁師体験は開催されます。

しかしながら、今年は琴引浜鳴き砂文化館の手から離れての事業となりますので、

漁師券販売所などのお問い合わせは、下記連絡先へお願い致します。

 

素潜り漁師体験連絡先:網野町漁協 遊浦

           代表 松尾 信介 氏

           TEL 090-1897-5451

 

2020年6月5日

企画展 高齢者大学「水彩画講座作品展」開催中

臨時休館が続き、見学していただけなかったので、展示期間を延長しております。

6月15日(月)まで展示しております。

水彩画講座作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月4日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。