琴引浜の漂着物調査

11月3日に行われた琴引浜の漂着物調査を展示しています。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

約30名で琴引浜の中央部、30mの幅で350mの砂の上の漂着ごみを収集しました。

グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

海藻・流木・貝殻など自然分解できるごみは拾いません。人工の石油製品のごみ(自然分解に時間がかかり回収しないとずっと存在し続けるごみ)を拾い集めます。

仕分け

 

 

 

 

 

 

 

約1時間かけて収集し、次は分別です。約2時間かけて網野高校ボランティアの生徒が協力してくれました。

種類別

 

 

 

 

 

 

 

さらに詳細に30年以上漂着物調査をしている、琴引浜ネイチャークラブハウスの安松さんに仕分けしていただきました。破片を見るだけで、医療廃棄物・漁具・花火の燃えカス等わかるものは仕分けされていました。

漂着ごみ調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類分けを見ると、ダントツに硬質プラスチックごみが多く、生活用品のプラスチッごみが多いことがわかります。

そして、ゴミをよく見ると韓国・中国のロゴが残っていて、漂流して日本海の沿岸に漂着するごみの多さを感じました。

11月の琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

日頃、清掃活動をしている琴引浜は一見きれいです。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

大きなゴミは毎日回収しています。水産の漁網・ロープ発泡スチロールウキなど目立ちます。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の駐車料金兼清掃協力費は、この漂着物回収費用に充てています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

約1800mの琴引浜だけでこのゴミの量です。そしてよく見ると、5ミリほどのマイクロプラスチックが砂浜に残っています。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

ザルで拾い集めると…多くのごみが見つかります。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

川や海、山に腐らないごみがこれ以上増えないように、人間が出したごみがこれ以上増えないように、取り組む必要があります。

2019年11月17日

嬉しいお手紙が届きました!

今年の6月29日にご来館の中学2年生が、自由研究に「鳴き砂」を選び研究してくれました。

「作品名 鳴き砂のひ・み・つ!」

第67回 神戸市立中学校理科作品展に出品され、中学校で表彰されました。

おめでとうございます!

そして、琴引浜の鳴き砂のことを多くの方に広めていただきありがとうございます。

鳴き砂の自由研究

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、機会がありましたら、琴引浜及び琴引浜鳴き砂文化館へお立ち寄りください!

2019年11月17日

手作り体験人気ランキング

鳴き砂文化館では、貝がら等を使った様々な手作り体験ができます。

是非お立ち寄り下さい。


 

 

 

 

2019年11月14日

アオイガイ(カイダコ)

昨日琴引浜で、珍しくもタコの入ったままのアオイガイを発見しました。

この殻を2こ合わせると、植物のフタバアオイ(ハート型)に似ていることから

アオイガイと呼ばれていますが、正体はメスダコです。卵を産んで孵化させる為に

自分で殻を作ります。ちなみに、雄は殻を持ちません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると、殻の中に無数の卵が見えます。

孵化させると母ダコは死んでしまうそうですが、残念ながら孵化前に死んでしまいました。


2019年11月13日

今日の琴引浜

今日11月9日(土)琴引浜の東端です。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

通常だと鳴き砂の浜が広がっているのですが、砂が移動し岩盤がむき出しでした。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

「遊びーち」として、夏の海水浴場の時は賑わっています!

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

今日は波もあり、サーフィンを楽しまれている方が多かったですよ!

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

波が穏やかな時は、磯観察もおすすめです。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

大波が打ち寄せた跡があり、波打ち際が湿っていて砂も鳴かなかったです。

遊びーち

 

 

 

 

 

 

 

自然の力はすごいなと改めて感じました。

2019年11月9日

今日の琴引浜

昨日は穏やかな波だったようですが、今日はかなりの荒波で

波しぶきで霞んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜にぽつんと一つギンカクラゲが打ち上げられていました。


 

2019年11月8日

香港教育旅行女子高生の来館

本日11月7日、昨年に引き続き、香港から教育旅行で女子高生20名が立ち寄ってくださいました。

文化館内

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館で鳴き砂について、琴引浜について学びます。

貝殻クラフト

 

 

 

 

 

 

 

続いて、貝殻を入れて作る「まるで海の中みたいなキャンドル」作り体験にトライしていただきました。

貝殻クラフト

 

 

 

 

 

 

 

シーグラスやウニのトゲも上手に利用して、素敵な作品が仕上がりました。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

毎日清掃活動している琴引浜は一見とても綺麗ですが、よ~く見るとプラスチック片が沢山漂着しています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

人工のごみ、石油製品のごみを回収してもらいました。自然のごみ(貝殻・海藻・流木)は回収しません。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

プラスチック製品のごみは、拾わないと無くならない。土にかえるわけでもなく、水に溶けるわけでもない。小さくなればなるほど回収が困難である。海鳥や魚が餌と間違えて食べてしまい、死に至るケースもあります。

今、世界中の海でプラスチック片が浮遊しています。

漂着ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

未来を担う若い力でたくさんのプラスチックごみが回収できました!

ありがとうございました。

singing sand も心地よく鳴いていました。いつまでも鳴き砂が鳴き続けられる環境であるように、漂着ごみを減らす活動にこれからもご参加下さい。

2019年11月7日

2019漂着物グリッド調査 in 琴引浜

本日11月3日午前9:30~正午にかけて、琴引浜にて漂着ごみ調査が行われました。

グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の鳴り砂を守る会のメンバーと掛津区、地元の高校生ボランティア部など、30名の方が参加しました。

グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

自然なごみ(海藻・流木・貝がら)は拾わず、石油製品のごみを拾い集めます。

仕分け

 

 

 

 

 

 

 

続いて仕分け作業です。

仕分け作業

 

 

 

 

 

 

 

仕分け

 

 

 

 

 

 

 

今回は30m×350mの漂着ごみ拾いを行ったので、大量のごみ収集となりました。

2019漂着物グリッド調査

2019年11月3日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。