今日の琴引浜

今日10月31日の琴引浜は晴れ。良いお天気で浜を散策される方も多く、足跡がいっぱいです。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

夕方、4時30分ごろの琴引浜。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂もとても良く鳴きました。琴引浜鳴き砂文化館のfacebooKで動画をアップしますので見てくださいね!

午前中は、台湾教育旅行関係者様のファムトリップで琴引浜を散策していただきました。

ネイチャクラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜付近にあるネイチャクラブハウスで、琴引浜や漂着物について学びました。

台湾ファムトリップ

 

 

 

 

 

 

 

昨日作成した「丹後ちりめんハガキ&染色体験」、昔懐かしいレトロポストへ投函します。

台湾ファムトリップ

 

 

 

 

 

 

 

地元ガイドと一緒に記念写真。

琴引浜では、鳴き砂・微小貝・漂着物などから、自然環境について学びます。次回は、台湾の生徒さんと一緒に学習できることを楽しみにしています。

2019年10月31日

「関西文化の日」協賛により11月1日(金)無料開放日

今年で第17回目を迎える関西文化の日は、関西一円の美術館・博物館・資料館等の文化施設の協力により、入館料(11月の特定日)を無料とする取組みです。 関西が誇る長い歴史に培われた豊かな文化に気軽に接することのできる機会となっていますので、ぜひ、この機会に、「文化の秋」「芸術の秋」を楽しんでみませんか?

琴引浜鳴き砂文化館では、11月1日(金)午前9時~午後5時まで 無料開放日とします。

お立ち寄りください。


2019年10月31日

鳴き砂の父 三輪先生展

只今文化館では、鳴き砂の父三輪茂雄先生展を開催しています。

残された書籍・ご自身が収集された砂時計などを展示しています。

是非ご覧になってください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この10月22日は先生の13回忌でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月30日

「大京都2019 in 京丹後」お知らせ

アーティストが京丹後で地域交流しながら創作活動を行い「大京都2019 in 京丹後」を開催中です。

日時 2019年10月25日~27日(日)9時~17時

会場 京丹後の近代化を象徴するちりめん織の名家「吉村商店」の巨大工場跡

chirashimap1chirashimap2

 

 

 

 

 

 

 

※チラシ(PDF:4,642KB)

詳しくは、京都リサーチ京丹後2019

 

 

 

2019年10月25日

貝殻拾い

10月20日頃、琴引浜で見つけた貝殻

タカラガイ

 

 

 

 

 

 

 

人気のタカラガイ。1.5㎝前後のサイズが見つかります。上手に吹くと“ピー”っと音が出るんですよ!その時は飲み込まないように要注意です!!

ナデシコガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナデシコガイ、色鮮やかですが自然の色です! サイズは0.5cm~2.5cmくらい、とてもかわいい貝殻です。

キサゴ

 

 

 

 

 

 

 

沢山のキサゴが見つかりました。サイズは、0.5cm~2cmくらい、裏面もおしゃれな貝殻。

ウニの殻

 

 

 

 

バフンウニやムラサキウニの殻、サイズは、0.3cm~7cm。特に小さなサイズは脆いのでクラフト向けではありませんが、かわいいですね~~~

コメツブウニ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメツブウニ、サイズは0.2cm~0.5cmほど。

2019年10月22日

夕焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは昨日の午後5時半ころの夕焼け。思わず携帯でパシャリ。

残念ながら多少ピントが合っていません・・・

一年に一度あるかないかの、思わず息を呑む美しさ!

右に写っている庇は文化館です。


2019年10月21日

今日の琴引浜

昨日の豪雨で砂は湿っていて午前中は鳴き砂も体験できなかったようですが、午後からは、乾燥している砂の表面を手で払うと、鳴き砂も良く鳴いていました。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の午後3時頃の琴引浜です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

松林では、キャンプを楽しむ方もおられました!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

清掃もされて大きな漂着ごみも少なく、綺麗でした。が…

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

プラスチックの欠片がものすごい量で見つかります。

マイクロプラスチックごみ

 

 

 

 

 

 

 

レジンペレットやマイクロプラスチックごみがわかりますか?

土にかえるわけでもなく、水に溶けることもありません。拾って回収しないと無くなりません。しかし、回収は大変困難です。まずは、マイクロプラスチックになる前に大きなプラスチックごみを拾うことから始めています。

2019漂着物グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月3日には、琴引浜でも漂着ごみ調査が行われます。

2019年10月20日

海辺の漂着ごみ調査in琴引浜のご案内

この調査は(公益財団法人)環日本海環境協力センターが行う全国的な漂着物調査の一環として行うものです。

2019漂着物グリッド調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査内容は、10m×10mのグリッドを3箇所設定し、その中にあるゴミを収集し種類と量を調べます。また、最近、大きな問題となってきましたマイクロプラスチックの調査も行う予定です。

調査の結果は全国で集計されるとともに、12月7日~8日に京都パルスプラザで行われます「京都環境フェスティバル2019」で展示したいと考えております。

 

〇グリッド調査 日時 令和元年11月3日(日)午前9時30分~12時まで

〇集合場所 琴引浜・掛津海水浴場の入口駐車場

〇事前予約 ご興味のある方は、琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 メール kotohiki@nakisuna.jp まで事前にご連絡お願いします。

 

 

 

2019年10月16日

琴引浜 白滝神社 秋祭り

台風19号の影響で秋祭りの開催が危ぶまれましたが、13日は晴れてくれて何とか執り行われました。

秋祭り

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中は子供御輿が村中を練り歩き、午後からは太鼓神輿が鳴き砂文化館へ立ち寄っていただきました。

2019年10月14日

全国鳴き砂サミットin気仙沼 開催報告

令和元年10月6日 気仙沼市中央公民館において開催。全国各地で鳴砂を守る活動をしている方々ら約70名が参加。

基調講演

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道大学 観光学高等研究センター 教授 西山徳明氏より基調講演が行われました。「自然遺産の観光資源としての可能性」と題して、鳴砂を生かしたまちづくりのヒントを教えていただきました。

事例報告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の宮城県気仙沼高等学校 自然科学部の生徒さんから、十八鳴き浜の浸食について調査結果の発表がありました。

先輩から受け継いできた鳴砂の研究と定期的な調査で、鳴砂の浸食と堆積の際の波高、潮位の報告をしていただきました。

事例報告

 

 

 

 

 

 

 

 

京都府京丹後市の琴引浜からは、33年間琴引浜の漂着物や海浜植物を調査されている、琴引浜ネイチャークラブハウスの安松貞夫館長から、どんな漂着物がどこから、どのくらい流れ着いているのか、調査結果を報告していただきました。

続いて、NPO法人いわき鳴き砂を守る会の小堀亨氏より、「砂遊びとアート・いわきプラージュ」の取り組み報告がありました。福島県いわき市の海水浴場は、震災前は100万人の入込であったが、現在は5~8万人に減っているようです。子供たちに鳴砂や砂の魅力を伝えるための活動を報告していただきました。

パネルディスカッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカッションでは、「鳴砂を未来に伝えるためには・・・」をテーマに、大阪市立大学准教授の原口強氏のコーディネーターで始まりました。

鳴砂の浜の重要性、白砂青松の日本固有の海岸はブランドであり観光資源に繋がる、決して人の手では作ることのできない鳴砂を守る、砂浜の洗浄システムと供給システムの重要性等、意見が交わされました。

宣言文

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、気仙沼高等学校自然科学部の生徒より、力強いサミット宣言文の朗読がありました。

全国の鳴き砂展示

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の会場では「全国の鳴砂展」、全国鳴砂ネットワークに加盟している鳴き砂の浜の砂17ヶ所とパネル展示がありました。

全国鳴き砂

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の鳴砂を実際に音を鳴らし、聞き比べもできる魅力的な展示です。同時に深刻化している海洋プラスチック等のごみ問題パネル展示もありました。

次回は、2年後の2021年に鳴き砂サミット開催予定です。(開催地未定)

2019年10月11日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。