今日は霰が降っています!

3月31日(日)昨日より雨、今日は霰が降り、寒の戻りで寒い1日になりました。

琴引浜西側

 

 

 

 

 

 

 

写真は、3月27日の琴引浜の西、砂も乾燥していて非常に良く鳴きました!

琴引浜の西

 

 

 

 

 

 

 

きれいな貝殻も見つかりますが、レジンペレットなどマイクロプラスチックが沢山見つかりました。

ハマボッス

 

 

 

 

 

 

 

ハマボッス(さくらそう科)・・・5月ごろ白い小さな花をたくさんつけます。

ハマハタザオ

 

 

 

 

 

 

 

ハマハタザオ(あぶらな科)・・・4~5月ごろ純白の小さな花をつけます。茎や花穂が直立して旗竿のように細長く咲く。

ハマニガナ

 

 

 

 

 

 

 

ハマニガナ(キク科)・・初夏から秋ごろまで黄色い花を咲かせます。地面を這い、丈は低い。

ウンラン

 

 

 

 

 

 

 

ウンラン(ゴマノハグサ科)・・・夏に黄白色の花をつけます。

どの海浜植物も開花が楽しみですね!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜キャンプ場

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜のキャンプ場からの眺め。

鳴き砂は湿ると鳴かないので、そんな時は、琴引浜鳴き砂文化館へお立ち寄りください。

琴引浜鳴き砂文化館

 

 

 

 

 

 

 

国道178号線沿い、緑の屋根が目印です。

琴引浜から車で3分、徒歩だと15分くらいです。

2019年3月31日

開花しました

3月23日の ’開花までのカウントダウン’ でアップした桜の蕾が

予定より一日遅れの今日30日、開花しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に、白い桜も開花しています。こちらは葉が先に出ているので、山桜の種かと

思われます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館の裏山には、トキワイカリソウが自生しています。紅紫色と白色の二種類。

花の姿が碇に似ているところからこの名がついたとのこと。

いよいよ春爛漫です。


 

2019年3月30日

琴引浜の露天風呂情報

琴引浜の露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は昨年4月19日の様子。

今年は、4月10日から琴引浜の露天風呂が始まります!

日本海を眺めながら入浴できる露天風呂! 入浴料など徴収していません。ご自由にお楽しみください。

注意事項

 

 

 

 

 

 

 

 

入浴を楽しむには注意事項のご協力をお願いします。

また、琴引浜は清掃協力費兼駐車料金をいただいております。

琴引浜管理事務所

 

 

 

 

 

 

 

黄色のスタッフジャンバー着用の係員が常駐しています。鳴き砂のこと、琴引浜のことなど、案内もしていますのでお気軽にお声がけください。

2019年3月24日

開花までのカウントダウン


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三寒四温の候、文化館の裏手の土手にある桜の蕾にやっと色がついてきました。

ウエザーニュースによると、この状態になると、あと6日で開花するそうです。

と言うことは、3月29日。楽しみです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは10月桜(冬桜)という種。去年の秋からずっと、ちらほら咲き続けています。

 

そして、春蘭。地味な色の蘭ですが、琴引浜に自生しています。

こちらも開花はもうすぐ。


2019年3月23日

京丹後ぐるりんクーポン対象店舗~7月1日まで

京丹後"旬の逸品"宿泊キャンペーン期間中(6月30日まで)に、京丹後のお宿(対象お宿36宿)に宿泊されると『京丹後ぐるりんクーポン』が1グループ様に1枚配布されます。

当館にお立ち寄りいただけると、お一人様入館無料となります。是非、ご利用ください。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

バナー

2019年3月21日

アカウミガメの赤ちゃんが・・・

今日3月11日のお昼前に、アカウミガメの赤ちゃんが荒波の琴引浜に

打ち上げられました。ご存知の通り、ウミガメは絶滅危惧種で、一般の方が

飼うことはできません。浜の管理事務所からの連絡で、当館の館長が

保護する為に引き取りに行きました。かなり弱っていましたが

ストーブ横で温めたところ、結構動き回るまで回復してきました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全長15センチ、甲羅は9センチ×10センチ。

背中にはフジツボが付いています。そして、何かに噛まれたのか左足が

欠けています。

ウミガメ協議会の方によると、昨年夏ごろ日本海で生まれた固体では

なかろうかということです。

当館では、過去2014年2月と2015年2月に同サイズのアカウミガメを

保護し、暖かくなってから放流している経験があります。

ですが、今回は丹後魚っ知館で保護していただくことになりました。

もうすぐお迎えが来ます。

 

2019年3月11日

座禅体験のご案内

琴引浜の付近に掛津山海蔵寺があります。

約1時間ほどで座禅体験をすることができます。

座禅体験URL

体験料はお一人600円 住職の説法もあります。静かな空間の中で自分を見つめなおす体験を。

海蔵寺

 

 

 

 

 

 

 

座禅

 

 

 

 

 

 

 

【お問い合わせ・お申込み】

琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 メール kotohiki@nakisuna.jp

 

2019年3月6日

貝がらキャンドル作り体験

貝がらを入れて『まるで海の中みたいなキャンドル作り体験』にトライしてみませんか?

貝がらキャンドル作り体験動画URL

キャンドル

キャンドル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンドル3種類

 

 

 

 

 

 

 

サイズも3種類の中から選んでいただけます。グラス、ビン(大サイズ・小サイズ)。

【お問い合わせ・お申込み】

琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 メール kotohiki@nakisuna.jp

2019年3月6日

油絵&漂着物アート展

ニュー丸田荘女将、丸田智代子さんの油絵と

ヒカリ美術館の漂着物によるアート作品の一部を展示。

流木に海浜植物を描いたアート作品を楽しんで頂けます。

 

2019年3月4日

丹後大震災から92年 供養会のご案内

来る3月7日は丹後大震災の記念日に当たります。

丹後震災

昭和2年3月7日午後6時27分 マグニチュード7.3 震度6 強烈な地震が丹後を襲い、死者2,925名 負傷者7,806名 倒壊家屋12,584棟 焼失家屋8,287棟という甚大な被害に見舞われました。

琴引浜周辺のほとんどの家屋が倒壊し、30数名の尊い命が失われました。

丹後震災

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜を見下ろす高台に建つ、掛津山海蔵寺では、追悼供養会を十数年来行っています。今年も各方面のご協力を得て実施いたします。

是非、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

丹後震災

開催日時  平成31年3月7日(木)午後6時から午後8時頃まで

開催場所  掛津山海蔵寺(京都府京丹後市網野町掛津)

参 加 費  無料

内 容   第一部 6:00~追悼法要

     第二部 6:40~講演『丹後大震災から学び後世に伝える』峰山高校 小長谷 誠教諭

         7:00~和尚さんのマジックショー 綾部市長楽寺 河野 朗春老師

         7:30~炊き出し訓練(非常食の接待)

その他  参詣の服装は平服でお参りください。

 

2019年3月1日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。