六角箱手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出の宝箱 六角箱手作り体験

貝で顔を表現した独創的なデザイン。

青いシーグラスをリボンに見立て可愛く仕上げられました。

 

2019年1月30日

京丹後市の史跡を学ぶ座学のご案内

もっと知りたい丹後の魅力と題して、昨年11月から毎月1回、全5回の勉強会を予定しています。

2月は、京丹後市の遺跡、遠所遺跡について学びます。

京丹後市の史跡(座学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約不要ですが、事前準備のためお申込みいただけると嬉しいです。

【お問い合わせ・申込先】 琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 メール kotohiki@nakisuna.jp

2019年1月28日

ロケ地情報

琴引浜の西側は、コンクリート構造物もなく映画やテレビドラマのロケ地として度々利用されています。

水戸黄門(1987年~1988年)釣りバカ日誌5(1992年)、暴れん坊将軍(1992年)、千年の恋ひかる源氏物語(2001年)、隠し剣鬼の爪(2004年)、天地明察(2012年)、超高速!参勤交代(2014年)などなど

昨年は、琴引浜の隣にある三津漁港の海岸にて『居眠り磐音』松坂桃李主演の映画のロケが行われました。公開が楽しみですね。

ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年公開の岡田准一主演『海賊と呼ばれた男』では、京丹後市久美浜町葛野浜でロケがありました。木の電柱が残っておりそれが決め手になったようですね!

当館では、琴引浜のロケ地情報も紹介しています!!

2019年1月21日

「丹後フォトクラブ」写真展のご案内

昨年12月15日から開催している「丹後フォトクラブ」写真展。

昨日、写真の入れ替えをして新たに美しい京丹後の自然や営みを映し出した写真をご覧いただけます。

丹後フォトクラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹後フォトクラブ

 

 

 

 

 

 

 

丹後フォトクラブ

 

 

 

 

 

 

 

丹後フォトクラブ

 

 

 

 

 

 

 

是非、この機会にお立ち寄りください。

2019年1月21日

台湾教育旅行視察団ご来館

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月16日、17日の2日間、鳴き砂の琴引浜での環境学習に、台湾から教育関係者様5名のご来館がありました。

京丹後市のゆるキャラ「こっぺちゃん」でお出迎え!そして一緒に記念写真。

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入村式セレモニー後、琴引浜鳴き砂文化館内を説明しました。琴引浜について、鳴き砂について、質疑応答を交えながら1時間の見学です。

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海岸に打ち寄せる漂着物の実態、現物展示とどこからどのようなものが流れ着くのか学びます。

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の交流会では、まず高橋友禅さんによる「ちりめんはがき染色体験」を行いました。

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい丹後ちりめんが貼られたはがきに、琴引浜の海浜植物の型抜きなどを選び好みの色付けを行います。

次の日の朝、レトロな赤ポストから投函。

ポストイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、琴引浜の視察、その後、ネイチャークラブハウスを見学

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見つけて嬉しい漂着物と困った漂着物を見つけ出し、台紙に張りだします。

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜辺で見つけてうれしいものは、貝殻・高温水晶・ビーチグラスなど。

困った漂着物や悲しい漂着物は、プラスチックの欠片、レジンペレット、発泡スチロールなどなど・・・。

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「琴引浜では良い環境学習ができる場である」、「お宿の食事が大変おいしい」などなどご意見をいただきました。

 

台湾教育旅行視察

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、お会いできる日を楽しみにしています。

2019年1月18日

琴引浜を見下ろす白滝神社

琴引浜中央付近の山霊に建つ白滝神社は大物主の命を祀る神社である。
元々は白滝の上に建立されていたそうだ。

白瀧神社

 

 

 

 

 

 

 

石段の中央部には、昭和2年3月のM7の北丹後大震災で折れてしまった鳥居の一部が今も残っている。

白瀧神社

 

 

 

 

 

 

 

白瀧神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白瀧神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白瀧神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白瀧神社

 

 

 

 

 

 

 

 


 琴引浜にはその浜を守るかのように、水を名にする白滝神社と海を蔵とする海蔵寺。
社もそれぞれ風の通り道をはさんで南東と北西を向く。

大物主を祀る神社である白滝のご神体は水辺の社らしく、「流木」なのだそうだ。
男体の形をしたご神体と女体の形をしたご神体が本来あったと聞く。
現在は盗賊に合い女体のご神体のみが祀られているという。
出雲神社(大国主神・大物主神)に代表される恋成就の信仰の流れと女体神が男体神の帰りを待っているかのように思えることから「恋愛成就」碑を献上したのではないだろうか。

そう考えると、ただ単に恋愛を祈願するというよりは、むしろ自分の「恋心を誓う」ものなのかもしれない。
ひっそりとした小さな社に。
しかしその思いは渚広がる琴引浜に非常にマッチする。
石英の宝石名は「水晶」その霊石としてのパワーとも合致する。
なかでも「天使の涙」と称される鉱石を多く含有する琴引浜と、その守り社に凛とした清い強さが秘められていることが、その空間を創っているのかもしれない。

2019年1月16日

小浜(こばま)

三連休の中日の今日、京丹後市は風は冷たいですが晴れています。

 

先月12月の22日は、琴引浜より東に位置する砂方浜をアップしました。

今回は、西に位置する小浜の海の今日の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空の青を映して、冬なのに綺麗な青色しています。

 

貝拾いをしていると、機械音が聞こえてきました。空を見上げると、モーターパラグライダーで

空中散歩をする人がいるではないですか。それも2人。気持よさそうだけど寒そう。

丹後の束の間のお天気を楽しんでくださ~い。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月13日

漂着ごみ

2019年1月10日の琴引浜です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜は清掃活動や琴引浜のガイドをしているスタッフが活動しています。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

お車でお越しになった方々から駐車料金兼清掃協力費をいただき、清掃活動費に充てています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

回収した漂着ごみの山です。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漁具のごみが目立ちました。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

先日、漂着物回収を行いきれいになった浜に、容赦なく漂流物が漂着します。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

葦や海藻、貝がらなど自然のものなら良いのですが、石油製品の困った漂着ごみで浜は埋まります。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂が泣いています。

レジンペレット

 

 

 

 

 

 

 

上の写真に、レジンペレットやマイクロプラスチックがありますが、分かりますか?

レジンペレット

 

 

 

 

 

 

 

白い矢印がレジンペレット。黄色い矢印がマイクロプラスチック。

石油製品のごみは、分解され細かくなりますが自然に帰りません。また回収が困難なためこのように残ってしまいます。

数ミリサイズのマイクロプラスチックごみを餌と間違えて、海鳥や魚が餌と間違えて食べるケースが増えてきています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

粉々になった発泡スチロールのごみも目立っています。

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみ

 

 

 

 

 

 

 

8割が川からのゴミだと言われています。路上のゴミ箱から溢れたゴミ、ポイ捨てのゴミなど、雨が降り川にゴミが流れ海にたどり着く。

一人一人の心がけで、漂着物が少しでも減るようにしていきたいです。

2019年1月12日

「京丹後市の史跡を学ぶ」座学のご案内

全5回を予定している「京丹後市の史跡を学ぶ」座学、3回目のご案内です。

実際に銚子山古墳の発掘調査をされた専門員による講座です。

ご興味ある方は、この機会に是非ご参加ください。

京丹後市の史跡(座学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月9日

コウノトリ発見!

昨日、網野駅近くの電柱の上にコウノトリが止まっていました。

新年早々おめでたい出来事です!!!

良いことがあります様に♥


2019年1月5日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。