本日の貝殻を使った手作り体験のお客様

四国よりお越しのお客様「仲良し4人組」賑やかな皆さんでしたが、作品作りは黙々と集中されていました。

仲良し4人組

 

 

 

 

 

 

 

流木フレーム作り体験にトライしていただきました。

流木フレーム

 

 

 

 

 

 

 

シーグラス、貝がら、ウニのトゲを上手に配置して、素敵な作品の完成です。

流木フレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

ムービングアイも上手く使って賑やかな作品に! ボンドが乾くとまた変わってくることでしょうね。

流木フレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

海の中をイメージ。楽しく泳ぎ回っているようですね。

丹後の思い出が詰まった作品となりました。また丹後へお越しください。

クラフト体験価格表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お手軽に体験できる「貝殻クラフト体験」是非トライしてみて下さい。

2018年11月28日

イソギク満開

イソギク

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館の庭では、珍しい海浜植物を育てています。

イソギク

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期は、イソギクが元気に咲いています。

イソギク

 

 

 

 

 

 

 

 

葉も白い縁取りがあり美しいですね。

カワラナデシコ

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコ。

ハイネズ

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイネズ、触るととても痛いです。ネズミが嫌がるのでネズミでお困りの方は屋根裏部屋に置いておくといいそうですよ。

ハイネズ

 

 

 

 

 

 

 

ハイネズ。

文化館

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館の周りの山々の紅葉がとてもきれいです。

鳴き砂体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹後半島の鳴き砂を楽しんだ後は、琴引浜鳴き砂文化館で鳴き砂体験にお越しください。

 

2018年11月26日

貝殻クラフト体験のご案内

琴引浜鳴き砂文化館では、開館している間ならいつでも貝殻クラフト体験にトライできます。(体験時間 9時~16時まで)

手作り体験見本

 

 

 

 

 

 

 

浜辺で見つかる、貝殻やシーグラス、ウニのトゲなどなど、アイディア次第でおしゃれな作品に仕上がります!

コースター

 

 

 

 

 

 

 

ムービングアイを上手に使ったコースター、ウニのトゲもアクセントになっていますね。

完成

 

 

 

 

 

 

 

小さなムギガイをきれいに並べてオリジナルフォトフレームの完成です。

流木フレーム

 

 

 

 

 

 

 

海の中をイメージでしょうか!? カニ、ヤドカリ、魚たちがいて賑やかですね。

クラフト体験価格表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝殻で作る万華鏡も人気です。

万華鏡の中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番人気は、『まるで海の中みたいなキャンドル作り体験』

キャンドル

 

 

 

 

 

 

 

サイズは3種類。グラス・中瓶・大瓶から選べます!

キャンドル3種類

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお立ち寄りください。

琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 メール kotohiki@nakisuna.jp

休館日は火曜日。10名様以上のクラフト体験は事前にお電話ください。お席を確保します。

2018年11月25日

秋・冬に咲く桜

文化館には、今咲いている桜の木が二本あります。

来館のお客様に、「これは10月桜ですか?」と尋ねられました・・・

返答に困って調べてみました。

寒い時期に咲く桜の代表としては、『十月桜』と『冬桜』があるそうです。

十月桜の方が一般的で、両方とも春と秋の2回花を咲かせます。

花びらが八重なら十月桜で、一重なら冬桜と判断できるそうです。


 

 

 

 

 

 

 

さて、文化館の桜は・・・・・二本とも八重でした。

つまり十月桜。

 

寒い時期に咲く桜には派手さはなく、むしろ今日は雨に打たれ寂しそうです。

 

 

 

2018年11月22日

今日の琴引浜

今日の午後3時頃の琴引浜の様子です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

連日の雨で、琴引浜の砂も湿っていて鳴きません。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

波がきれいに砂を磨いてくれて、雨で潮が流され、これが乾くと良く鳴きます!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

轟轟と音をたて、何度も打ち寄せる波で鳴き砂は洗われているのですね。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

夏に賑わう松林のキャンプ場です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

海を眺めながら、松林の陰で涼しく、最高のキャンプが楽しめますよ!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の管理事務所の職員さんは、漂流物の回収作業中でした。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

これからの時期、北西季節風によって日本海に流れ込んでいる生活のごみが大量に沿岸に漂着します。

石油製品のプラスチックごみ等すごい量です。私たち人間はこれまで便利なプラスチック製品の恩恵を受けてきました。

人間が出したごみは、人間が回収していかなければいけません。

これ以上、プラスチックごみが増えないように、私たちにできることとは。

先日の一般社団法人JEANの事務局長からもお話がありました。

海洋ごみを増やさないためにどうするか。⇒発生抑制と普及啓発・環境学習

一人一人の行動が変わることが重要であり、個人の行動への期待だけでは限界がある。⇒社会の仕組みの変革が必要であると…。

2018年11月19日

京都自然系博物館誘致と旧学校舎の活用セミナーが開催されました。

本日、琴引浜鳴き砂文化館にて、元大阪市立自然史博物館館長・橿原市昆虫館友の会会長の宮武賴夫氏をお招きし基調講演が行われました。

人と自然の共生ネット講演会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

 

今日の基調講演では、「自然系博物館の役割と地域とのつながり」「未来への課題~自然系博物館がないとどうなるか、京都自然系博物館のこれからは?」「生物多様性の教育と里山整備からの保全~橿原市昆虫館友の会と虫いっぱいの里山づくり隊の活動の紹介」をお話しいただきました。

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

続いて、京都府環境部自然環境保全課主任の小田嶋成徳氏の講演と、主催者『人と自然の共生ネット』会長の森豊彦氏の講演がありました。

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

 

人と自然の共生ネット

 

 

 

 

 

 

 

講演後は、主催者・お招きした先生方・参加者と意見交換会、談話会を行いました。

自然系博物館の重要性について、参加者と深い話がもてました。

 

2018年11月18日

丹後大学駅伝が開催されました

第80回関西学生対校駅伝競走大会が本日、丹後で行われました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

 

7時45分に京丹後市久美浜町浜公園をスタート、フィニッシュは宮津市役所前

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

小雨の中、風の冷たい日の開催となりました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

9時過ぎ1位が通過しました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

続いて、2~4位が通過

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館の前は、第4区の選手です。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

朝から降り続いていた雨も止みだし、どの選手も気持ち良い走りでした。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

白バイも格好いい!

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

出場22チームの白熱したレースとなりました。

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

丹後大学駅伝

 

 

 

 

 

 

 

気持ちの良い走りを見学させていただきました。

 

2018年11月17日

香港教育旅行2泊3日を琴引浜で過ごす

鳴き砂で有名な琴引浜で環境学習を目的に、香港の女子高校生20名が来丹されました。

香港教育旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

1日目の入村式の様子。京丹後市のご当地キャラ「こっぺちゃん」でお出迎え。女子高生にモテモテのこっぺちゃんでした!

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館にて琴引浜及び鳴き砂の学習後、琴引浜にて鳴き砂体験とマイクロプラスチックごみ拾い。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

丹後はこの時期「うらにし」と呼よばれ気候なり砂が湿って鳴かないことが多いのですが、幸運にも恵まれ心地よい鳴き砂体験ができました。

また、レジンペレットやマイクロプラスチックなど、石油製品のプラスチックごみ拾いを行い、漂着物について学びます。

キャンドル作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少貝殻やビーチグラスも見つけてきて、今度は貝殻を入れて作る「まるで海の中みたいキャンドル作り」にトライしました。

キャンドル作り

 

 

 

 

 

 

 

お土産のキャンドルをラッピングして完成です。

民泊体験

 

 

 

 

 

 

 

その後、琴引浜の民宿にて民泊体験をします。

交流会

 

 

 

 

 

 

 

2日目の午前中は、琴引浜にあるネイチャークラブハウスにて琴引浜の魅力と漂着物について、より詳しく学びます。

続いて、高橋友禅さんによるちりめんポストカードづくり、染色体験を行いました。

ちりめんポストカード

 

 

 

 

 

 

 

(完成したポストカードは翌日、レトロな赤ポストから投函です。)

そして、夕食後、地元住民と香港の女子学生と交流会を行いました。

太鼓の練習

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜地区の秋祭りの音頭に合わせて、太鼓のお披露目と練習

太鼓の練習

 

 

 

 

 

 

 

椅子取りゲームや玉入れゲーム、コマ回しなどで交流し楽しく過ごしました。

離村式

 

 

 

 

 

 

 

あっという間の2泊3日。離村式の日がやってきました。

離村式

 

 

 

 

 

 

 

また会える日を願って、そして琴引浜での思い出忘れないでね!

離村式

 

 

 

 

 

 

 

離村式では、日本語で挨拶してくださる学生さんもいて感心しました。

色紙交換

 

 

 

 

 

 

 

お互いに交換しあった色紙には、嬉しいメッセージがたっぷりです。

熱心に話を聞いてくれたりフレンドリーな生徒さんたちと出会えて嬉しかったです。ありがとうございました。

2018年11月9日

人と自然の共生ネット講演会のご案内

人と自然の共生ネット講演会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月8日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。