関西文化の日協賛につき「入館無料」

「関西文化の日」の取り組みは、関西圏域内の方々に広く美術作品や学術資料に触れる機会を提供し、美術・学術愛好者の増大を図るとともに、関西圏域外に向けても、文化が息づく関西を広く強くアピールし、関西への集客を図ることを目的とし、この事業に参加する地方自治体や民間団体の協力を得て実施しています。

関西文化の日

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館もこの取り組みに協賛し、11月1日(木)午前9時~午後5時まで終日「無料開放」します。

この機会に是非お立ち寄りください。

 

2018年10月21日

漂着物グリッド調査のご案内

毎年この時期に琴引浜の漂着物グリッド調査をしています。

ご興味のある方、ご協力していただける方、是非、ご参加ください。

グリッド調査2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<お問い合わせ先・参加申し込み先>

琴引浜鳴き砂文化館 担当:松尾

電話 0772-72-5511、メール kotohiki@nakisuna.jp

2018年10月17日

本日の団体様

本日は気持ち良い秋晴れの日曜日となり、琴引浜は少し波もあって散策日和でしたね~。

府立大

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂が良く乾いているきれいな場所は、良く鳴きました。まさにmusical sand ♪

生協学生委員会

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の露天風呂も42度ほどの湯加減! 温かくて気持ち良かったですね。

生協

 

 

 

 

 

 

 

足湯も最高! 水着があれば入浴していただけますよ。

足湯

 

 

 

 

 

 

 

さてはて、皆さん何を拾っているのか!? 鳴き砂文化館やネイチャークラブハウスで学んだ「レジンペレット」や「マイクロプラスチック」です。

きれいな貝殻やビーチグラスも拾いたくなりますが、今、プラスチックごみによる海洋汚染が深刻です。2050年には海洋中のプラスチックが魚の総重量を上回るという試算が発表されるほど、汚染は進んでいます。

生協

 

 

 

 

 

 

 

京都市内の大学生ら43名が1泊2日で農村体験ツアーに丹後へご来丹。

まず、琴引浜鳴き砂文化館やネイチャークラブハウスで、鳴き砂について、漂着ごみについて学びます。

その後、貝殻クラフト体験で「マリンキャンドル」お土産づくり。

生協

 

 

 

 

 

 

 

府立大

 

 

 

 

 

 

 

実際の琴引浜へ出て、鳴き砂体験と漂着物探しをしました。

2時間30分と限られた時間でしたが、「琴引浜のすばらしさを知る」「自然の楽しさを知る」「環境問題を考える」など体感できたでしょうか。

またのご来丹をお待ちしております。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月14日

秋の琴引浜をガイド

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

9月21日秋晴れの中、ネイチャークラブハウスの安松夫妻による「琴引浜ガイドウォーク」を体験しました。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者は京都市内の西山自然ネットワークの皆様です。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さんはメモを取ったり興味津々にガイドの説明を聞いていました。

太鼓浜

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜のほぼ中心部の太鼓浜へ移動し、鳴き砂体験をしました。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

鳴かなかった鳴き砂と波打ち際の鳴いた砂の汚れ具合をチェックします。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

浜辺にある露天風呂の温度チェック! 気持ちの良い42度前後でしたね。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

夕方には、水着着用で露天風呂を体験します!

白滝

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西にある白滝。

ガイド

 

 

 

 

 

 

 

ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

途中ごみ拾いもしながら移動します。

ウンラン

 

 

 

 

 

 

 

ウンラン

ハマベノギク

 

 

 

 

 

 

 

ハマベノギク・・・砂浜を這うよう沢山咲いていました。

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウ

アメリカネナシカズラ

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウにアメリカネナシカズラが寄生して葉っぱの色が悪くなっている。

ハマゴウ

 

 

 

 

 

 

 

ハマゴウ・・・本来はこんなに鮮やかな葉っぱの色である。

モウセンゴケ

 

 

 

 

 

 

 

モウセンゴケ・・・日光が当たっていても乾くことなく年中湿地の岩場で見られます。

映画のロケ地

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西側・・・映画のロケ地として利用されています。釣りバカ日誌5、千年の恋ひかる源氏物語、隠し剣鬼の爪、バルトの楽園、超高速!参勤交代、天地明察など数々の映画とテレビドラマなど人工物のない琴引浜は時代劇のロケ地に最適のようです。

映画のロケ地

 

 

 

 

 

 

 

人工物のない自然海岸

ごみ拾い

 

 

 

 

 

 

 

目につくプラスチックのごみを拾いながら散策します。

映画のロケ地

 

 

 

 

 

 

 

松林から見る琴引浜も美しい

この後は、琴引浜の後背地の松林を散策し、山野草など見学、続いて浜へ戻ってレジンペレットやマイクロプラスティック探しをしました。

そして水着に着替えて露天風呂を体験。とても充実した、実のある琴引浜散策でした。

2018年10月8日

琴引浜 白滝神社 秋祭り

琴引浜周辺の掛津地区では、白滝神社秋祭りが執り行われました。

子供御輿

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中には、子供御輿が村中を練り歩きます。

子供御輿03

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からは、太鼓神輿が琴引浜鳴き砂文化館へも立ち寄ってくれました。

集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

集合写真

2018年10月7日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。