今日の琴引浜

今日の琴引浜

穏やかな陽気に誘われて、浜の様子を見にきました。

磯の様子

波もほとんどなかったので、浜の中央部の岩場(通称 大岩)

へ足をのばしました。

磯の様子を観察してみると・・・・

ハバノリ

ワカメはまだのようでしたが、ハバノリ(地元ではハバ)が

沢山生えていました。

佃煮や炊き込みご飯にすると絶品。

礫岩

この岩場は穴だらけの海綿のような岩肌をした凝灰角礫岩

という岩質。一部はこのような大きな石が顔を出す所も。

砂だけじゃなく、興味深い岩場もいっぱい。

ワカメ刈り

近くで地元の方が箱メガネを使って何かを探していました。

何が捕れるんでしょう。 でも面白そう。

綺麗な貝殻

浜辺には綺麗な貝殻が沢山打ち寄せられていて、少し

拾って帰りました。

こんな日は皆さんも海へ出かけて“ほっこり”とした時間

を過ごしてみませんか。

 

2018年3月26日

レース鳩による競技

本日3月25日(日)午前8時55分に4,000羽のレース鳩による競技が行われました。

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は、琴引浜鳴き砂文化館裏山の高台

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

九州北部地区の熊本、大分、福岡の愛好家から預かった4,000羽の鳩を積んたトラック。

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

帰還率は60%ほどだそう、後は迷子になったり、鷹などの猛禽類に殺されてしまうそうです。

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、レース鳩スタート! 8時55分放鳥!

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

直線距離にして約500kmを6時間ほどで帰還するよう。

レース鳩

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月25日

約5千羽の鳩が飛ぶ「鳩レース」

今日の午前9時、琴引浜鳴き砂文化館の裏山から約5千羽の鳩が飛び立ちます。

九州まで行く「鳩レース」のようです。

鳩レース

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月25日

砂方浜(すながたはま)へ

琴引浜から車で5分位東に位置する砂方浜に貝を拾いに行ってきました。

この浜もまた鳴き砂の浜です。快晴の今日、砂の乾燥している所はよく鳴きましたよ。

西側の海を

 

 

←西側海を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←東側海を

 

 

 

 

 

海が荒れた後なので、漂着ごみが散乱しています。

ハングル文字の印刷された漁具も打ち上げられています。 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波が相当荒かったらしく、まだ生きているサザエも数個打ち上げられていました。

写真撮影後は海に戻しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなめずらしオオブンブク(10センチ)も。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月23日

今日の琴引浜

3月10日午後4時頃の琴引浜の様子です。白波が迫ってきます。

白波

 

 

 

 

 

 

 

この波が鳴き砂をきれいに洗い清めてくれます。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

白砂の美しい海岸です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

西日に照らされた、西側の琴引浜

白滝

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西にある“白滝” 年中枯れることのない小さな滝です。

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

漁具の漂着物、波で様々な漂流物が海岸に打ち寄せます。

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

こちらも漁業用の網でしょうか。

アオサ

 

 

 

 

 

 

 

岩場には海からの恵み、鮮やかなアオサが目立ちました。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の人気者“夢の露天風呂”は、まだ砂で埋まっています。4月下旬くらいから入浴できるようになります。

水着着用、シャンプー石鹸禁止、砂を流してから入浴してね!

歌碑

 

 

 

 

 

 

 

細川幽斎の歌碑、当時から景勝地であった琴引浜には、多くの詩人、文化人が訪れています。

“根上がりの 松に五色の 糸かけ津 琴引き遊ぶ 三津の浦々” 細川幽斎

幽斎も見たであろう琴引浜を 今も変わらない琴引浜を この目で見て 何かを感じたい。

2018年3月10日

貝がらを使って手作り体験にチャレンジできる!

琴引浜鳴き砂文化館では、“海からの贈り物”である、貝がらや流木、ビーチグラスを使用して様々な手作り体験にチャレンジできます。

手作りクラフト体験

 

 

 

 

 

 

 

貝がらを入れて作る万華鏡、まるで海の中みたいなキャンドルが人気となっています。

価格表はこちら

クラフト体験価格表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万華鏡は、反射板から組み立てるので、遣り甲斐がありますよ!

中を覗くと・・・

万華鏡の中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで海の中みたいなキャンドル作り体験もサイズは3種類!

グラスにするか、ビンタイプにするか選べます。

キャンドル3種類

 

 

 

 

 

 

 

細かな作業がお得意の方は、微小貝入りペンダント作りはいかがでしょうか?

UVレジンペンダント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流木フレームもアイデア次第で様々な表情に!丹後の旅の記念になりそうですね!

流木フレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、コースター作り、宝箱作り、リース作りなど、2~3個作りたくなるかも!

コースター

 

 

 

 

 

 

 

【お問合せ】琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 開館時間 9時~5時 火曜休館日

【体験場所】琴引浜鳴き砂文化館 体験時間9時~4時 火曜休館日

予約なしでも体験できます。受付で「手作り体験がしたいんですけど~」とお気軽に声を掛けてください。

2018年3月10日

丹後震災追悼供養会実施

海蔵寺

3月7日、掛津区 海蔵寺に於いて「平成30年丹後大震災

犠牲霊位追悼供養会」が実施された。

昭和2年3月7日、18時27分 丹後地方をM7,3

震度6の大地震が襲い2,900名余の死者がでる大災害

となった。

震災供養会

掛津、遊(あそび)両区においても、大半の家屋が倒壊し、

判明しているだけでも33名の尊い命が失われた。

犠牲者の霊を供養する目的で毎年実施されている。

18時27分、サイレン吹鳴に合わせ黙祷。

南修氏

追悼法要終了後は地元の“読み聞かせボランティア”南修氏

によって「丹後震災回想録集」から3編朗読して頂いた。

生々しい状況を耳にし、胸が詰まった。

朗読に耳を傾ける子供ら

子供たちも参加し、朗読に耳を傾けた。

このようにして語り継がれていく事が必要なのだと感じる。

このあと、防災ビデオの上映や、地元婦人会さんらによる

炊き出しなども訓練を兼ね実施された。

「大震災100年周期」ともいわれる。

91年が経過した。 対策は十分か自分に問いたい。

 

2018年3月8日

丹後大震災犠牲霊位追悼供養会のご案内

来る3月7日は丹後大震災の記念日にあたります。91年前の震災の記憶を蘇らせ、犠牲になられた方々の御霊を供養する目的で、檀信徒や地元の方々はもとより広く呼びかけて実施いたします。

海蔵寺

 

 

 

 

 

 

 

場  所 海蔵寺(写真上)京丹後市網野町掛津

開催日時 平成30年3月7日(水)午後6時~8時まで

丹後震災

昭和2年3月7日午後6時27分、マグニチュード7.3、震度6の強烈な地震が丹後地方を襲った。当時の様子が分かる写真(上1枚、下2枚)。

丹後震災 

丹後大震災では、死者2,925名、負傷者7806名、倒壊家屋12584棟、焼失家屋8287棟という甚大な被害に見舞われた。 

 

丹後震災

供養会では、18:27サイレンに合わせて黙祷、丹後震災回想集より2編を朗読、防災ビデオ「地震だ!その時どうする?」の映写、炊き出し訓練(非常食の接待)等を予定しております。

参加費用等はありません。

お問合せ先 琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 E-mail kotohiki@nakisuna.jp 開館時間9時~17時 火曜休館日

2018年3月1日

京丹後ぐるりんクーポン対象店舗のご案内

2018春 京丹後“旬の逸品”宿泊キャンペーン 協賛につき

京丹後市の対象お宿にお泊りのお客様に限り、特典があります。

旬の逸品ロゴ

 

←←← クリックすると京丹後“旬の逸品”宿泊キャンペーン詳細ページ【京丹後市のホームページ】へ飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対象のお宿紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

対象のお宿紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

対象のお宿は21宿(上記記載)京丹後“旬の逸品”宿泊キャンペーンパンフレット表 パンフレット裏

対象期間は、3月1日~6月30日。

当館は、京丹後ぐるりんクーポン対象店舗となっており、黄色い体験無料券をご持参の方にお一人様入館無料のサービス!

クーポン対象店舗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なクーポン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、ご利用ください。

琴引浜鳴き砂文化館 開館時間 9時~17時

休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)

お問合せ 電話 0772-72-5511 E-mail kotohiki@nakisuna.jp

2018年3月1日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。