ウミガメ日記

琴引浜にこの時期、衰退したウミガメが打ちあがることがあります。

過去を振り返ると、

2004年1月11日、オサガメ漂着(甲長116cmの雌の子ガメ、死亡漂着)現在は、骨格標本として当館で常設展示している。

オサガメ骨格標本

 

 

 

 

 

 

2012年1月26日、アカウミガメ漂着(甲長15cm、衰弱しているため、温めて様子を見る)2日後、須磨水族園へ届ける。

2012年3月13日、アオウミガメ漂着(甲長30cm、暖かい所では、手足をバタつかせるほど元気)須磨水族園へ届ける。

アオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

アオウミガメ2012.3.13

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月18日、アカウミガメ漂着(甲長約10cm、死亡漂着)詳細はこちら

アカウミガメ2013.1.18

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月24日、オサガメ漂着(衰弱)その日のうちに須磨水族園のスタッフが連れて帰ったが、息絶えてしまった。現在、はく製となって当館にて常設展示中。

オサガメ2013.1.24

 

 

 

 

 

 

 

オサガメはく製

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月13日、アカウミガメ漂着(全長15cm、幅10cm、体重220g、衰弱)日本ウミガメ協議会の指導の下、当館にて、140日間の緊急保護。7月2日、琴引浜沖に放流。

ウミガメウミちゃん保護

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月11日、アオウミガメ漂着(甲長28cm、衰弱)1日保護するが死亡、須磨水族園へ届ける。

アオウミガメ

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月22日、アカウミガメ漂着(衰弱していたが時折声を出していた、前右脚はサメに食べられたのか無かった)須磨水族園へ。

アカウミガメ2014.3.22

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月3日、アカウミガメ漂着(甲長13cm、幅12cm、体重440グラム、前年に引き続き衰退した子ガメが漂着)172日間緊急保護と世話を行い、7月琴引浜沖へ放流した。

コトちゃん保護

 

 

 

 

 

 

 

 

コトちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

コトちゃん放流

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ2、3年琴引浜へウミガメの漂着はありません。

子ガメは海上を遊泳しエサを捕食して大きくなっていきます。大時化になるとウミガメの子ガメが打ちあがることがあります。

ウミガメの生存率は低く、1000匹に1匹の割合で大人になれるとも言われています。厳しい自然界で生き抜く姿に心打たれます。

2018年1月22日

香港からのお客様

入村式

1月11日、香港ファムツアー御一行様が琴引浜に来られました。

鳴き砂文化館にて「入村式」。地元の方や、ご当地キャラ「コッペちゃん」もお出迎え。

館内視察

香港の高校の先生方(5名)、通訳さん(1名)が教育旅行の下見として来られたもの。

早速、館内を見学していただきました。漂着物コーナーに興味津々。

琴引浜視察①

琴引浜視察②

地元区ではインバウンドにも力を入れており、琴引浜をはじめとする豊かな自然や、様々な異文化を体験して頂くメニューを沢山用意してお迎えしています。

染色体験

こんな体験も。

地元区長さんは友禅染の染色家なので、指導頂いて染色体験。ステンシルでポストカード作りに挑戦。

香港ファムトリップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の交流会では日本の“コタツ体験”も。まさに、膝を交えて和やかな、そして熱心な意見交換会となりました。

乾杯

最後は日本酒で “乾杯”。この後、皆さん「温泉に入るのが楽しみ!!」って言ってました。

ネイチャークラブハウス

翌朝は、ネイチャークラブハウスの見学。

この施設は自然観察のビジターセンター。

漂着物、植物、ジオパークを知る“学舎”です。まさに「教育旅行」の目的がぎっしり。

主催する安松貞夫先生の話に、香港の先生方も真剣に耳を傾け、メモを取る姿も。

ハートマーク

ネイチャークラブで離村式を終え、お別れです。

これは香港で流行ってる写真ポーズ。ハートマークを表現しているそうです。

突然の雪

みんなで集合写真を撮ろうとしたその時、突然、花吹雪のような雪が降りました。 ほんとびっくりしました。

「なごり雪」。再会を願います。

2018年1月20日

貝がらクラフト体験の紹介

琴引浜鳴き砂文化館では、年間を通じて、貝がらを使用して作る“もの作り体験”が楽しめます。

体験メニューは10種類以上あります。

クラフト手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと珍しい『貝がら』を入れて作る万華鏡づくりが人気です。

仕上がった万華鏡の中を、スマホやデジカメで写真を撮ると下記のようにとってもきれい!

万華鏡づくり体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、まるで海の中みたいな『キャンドル』作りも大人気。

キャンドル作り体験

 

 

 

 

 

 

 

3種類のサイズ、ビンタイプ、グラスタイプが選べます。

キャンドル3種

 

 

 

 

 

 

 

続いて、『微小貝』をレジン液で閉じ込めるリング作りも人気です。

UVレジンペンダント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然が作り出した、色鮮やかな貝がらに触れながら“ものづくり”にチャレンジしませんか!?

貴方のセンスの見せ所☆☆☆

コースター作り体験

 

 

 

 

 

 

 

お気軽に体験してみてください。丹後の旅の思い出づくりになりますよ!

《お問合せ》琴引浜鳴き砂文化館 電話 0772-72-5511 E-mail kotohiki@nakisuna.jp

《体験場所》〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津1250番地 琴引浜鳴き砂文化館

 

2018年1月20日

日本ナショナルトラスト「会員の集い」開催のご案内

本年度は関西地区(奈良県奈良市)にて「会員の集い」が開催されます。

この会を通じ、日本ナショナルトラストの活動に対する理解を深める機会に、いかがでしょうか。どなたでも参加していただけます。

【テーマ】これまでの活動から見た日本ナショナルトラストの役割

【日 時】平成30年2月4日(日)14時~(17時30分~交流会)

【会 場】奈良ホテルおよび名勝大乗院庭園文化館

【定 員】50名

【参加費】無料(交流会は参加費3,000円程度を予定)

【内 容】永年会員および功労者表彰、事業概要報告、トークセッションなど

【申込み・お問合せ】公益財団法人日本ナショナルトラスト

          TEL 03-6380-8511 FAX 03-3237-1190

          E-mail info@national-trust.or.jp

          参加ご希望の方は、1月23日(火)までにFAXまたはメールにて【申込み・お問合せ】にお申込みください。

《平成29年度「会員の集い」開催》チラシ

名勝大乗院庭園文化館

 

 

 

 

◆◇◆ 会員の集い特別イベントのご案内 ◆◇◆

その① 駒井家住宅見学 2月3日(土)13:00~15:00 ※この時間に駒井家住宅にお越しください。

その② 奈良町散策 2月4日(日)9:30~11:30 江戸時代末から明治時代にかけての町屋の面影を今に伝える地区を散策します。

その③ 奈良ホテル見学会 2月4日(日)13:00~13:30

※詳細はJNTのHPにてお知らせします。また、内容は変更になる場合がございます。

**************************************************************************************

(公財)日本ナショナルトラスト 民家・町並みサークルニュース

「東日本大震災復興応援見学会in気仙沼」のご案内

日本ナショナルトラストの日常的な運営に参加する

民家・町並みサークルfacebook

 

2018年1月13日

琴引浜周辺の銀世界☆

2018年1月11日(木)午前11時の様子です。昨晩から降り続き、積雪15cmほどでした。気温も低く、氷柱も見られます。

2018.1.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道は除雪されています。

2018.1.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の琴引浜の様子は、ライブカメラでご覧ください。琴引浜ライブカメラ

2018年1月11日

「重油災害の記録展」開催中

今から21年前になります。1月2日島根県沖でロシアのタンカーナホトカ号が(重油19000KLを満載)座礁し沈没しました。そして、多量の重油が日本海へ流れ出ました。日本海沿岸に広範囲にわたり重油が次々と漂着していきます。

1月9日早朝、琴引浜に重油が漂着。

京丹後市重油漂着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年1月4日~25日(木)期間中、解説付き写真パネルにて、重油災害を紹介しています。

尚、本日10日より、当時漂着した重油の現物なども展示して紹介しています。

重油災害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京丹後市重油災害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、この機会に展示をご覧ください。

重油災害の記録展

 

2018年1月10日

ナホトカ号重油流出事故から21年

2018年1月7日の京都新聞 丹後中丹版に掲載された記事です。

京都新聞記事

 

 

 

 

 

 

 

地元の網野高校生2年生が「丹後日帰りツアー」を企画され、琴引浜を案内しています。

自分たちが生まれる前の重油流出事故ですが、事故を学び、ガイドを務めています。

2018年1月5日 朝日新聞、毎日新聞にも掲載されました。

重油災害の記録展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、琴引浜鳴き砂文化館で「重油災害の記録展」開催中です。

重油災害

 

 

2018年1月10日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。