館内アンケートより~ご来館者のメッセージ~

50代会社員男性より『一昨年あまり時間がなかったので、再度訪問させていただきましたが、今回はより詳しい説明も聞けありがたかったです。何度来ても楽しめます。』

50代会社員女性より『鳴き砂は思った以上にデリケートだとわかった。時を忘れて遊んでしまった。実際にいろいろ体験できるのが良い!』

70代女性『知らないことばかりで面白く感じました。孫をぜひ連れて訪れたいと思います。ありがとうございました。』

60代夫妻『鳴き砂は楽しかった。漂着展示は、現実の厳しさに驚きました。これからは海辺をきれいにしたいです。』

60代女性『鳴き砂はテレビやニュースでは知っていましたが、実際鳴いている砂を見て驚きました。また家族と来たいです。』

50代男性『鳴き砂は大きな音が出てビックリした。微小貝の美しさに驚いた。』

30代女性『館長さんの説明がとても分かりやすかったです。ワークショップも楽しく、また来たいです。』

50代男性『鳴き砂は様々な音で鳴くものですね。大切にしていきたいです。微小貝も小さなものが本当にきれいでびっくり。』

2017年11月25日

11月23日「今日の海」

今日の海①

11月23日(木)、「勤労感謝の日」

ぶらりと、海の写真を撮りに出かけました。

今日の海②

この時季としては特に珍しい光景ではありませんが、

荒々しい晩秋の海は迫力満点です。(琴引浜東部)

今日の海③

強い風と、激しく打ち付ける波の音も。(琴引浜西部)

今日の海④

浜の露天温泉も来春までお休みです。

周囲に見える海ゴミが波の大きさを物語っています。

今日の海⑤

海岸道路を少し東へ移動しました。岩場が続きます。

今日の海⑥

目的は「波の花」。まだ寒さが足りないのか、そこまでの

泡立ちは見られませんでしたが、少し舞っていました。

冬の到来間近という感じの「今日の海」でした。

2017年11月23日

人と自然の共生ネット・セミナーのご案内

里山は海の恋人

2017年11月23日

手作りクラフト体験にチャレンジ!!

晩秋から冬に向けて、コロコロ天候が変わる“うらにし気候”になってきました。晴れたり雨が降ったり。海岸線は、北西の風が強くなってきます。

琴引浜鳴き砂文化館

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂は、雨で湿ると砂が動かないので鳴きません。そんな時は、琴引浜鳴き砂文化館で、鳴き砂を体験しましょう!!

琴引浜に打ち寄せる貝がらやシーグラス、流木を使って、手作りクラフト体験もお勧めです。

クラフト手作り体験

2017年11月20日

ちちんぷいぷい『昔の人は偉かった』番組にて

先日、毎日放送のちちんぷいぷいの番組が琴引浜へ取材に来られました。

琴引浜東側

 

 

 

 

 

 

 

関西ローカルの生活情報番組『昔の人は偉かった』コーナーで近畿湯治場巡りをされるようです。

リポーターの河田直也アナウンサーとくっすんが琴引浜海水浴場を訪れました。

放送日は、11月23日(木)ちちんぷいぷい

『昔の人は偉かった』毎週木曜日 午後5時頃から放送

2017年11月20日

山陰海岸ジオパークフェスティバル2017

会場全景

恒例の「山陰海岸ジオパークフェスティバル2017」

「但馬まるごと感動市」が11月11、12日の両日、

但馬ドームにて開催されました。

初日の文化館ブース

毎年10万人(2日間で)の来場者があるというこの

催し、今年も出展しました。京都府からは当館だけ。

鳴き砂体験 微小貝探し

「鳴砂」でドレミの音階が作れる、おもしろい体験(上)。

2~3mmの小さな巻貝「微小貝」を探すコーナーは、

毎年 大人気。

お土産品

琴引浜の貝のお土産も少し販売させていただきました。

クイズラリーの問い

クイズラリーに挑戦

各ブースには、出展者に因んだ問題が貼られており、クイ

ズラリーに挑戦することができます。

「鳴き砂の主成分は?」というのが文化館ブースの問題。

ご存知ですか。

玄さん

オオサンショウウオ

イベントの盛り上げ係「玄武洞の玄さん」は人気者。

先々で記念撮影をねだられますが、嫌がる事なく神対応。

もう一人(一匹)の人気者が、このオオサンショウウオ。

但馬地方の清流域に生息していることは有名ですね。

どちらさんもご苦労様です。

二日目のブース

微小貝探し②

二日目は隣のブースが空いたため、倍の広さに。

でも、「微小貝探し」のテーブルはこれだけなので、

相変わらずの混雑ぶり。来年はもっと広いスペースを

確保しますので、また来てくださいね。

 

2017年11月13日

漂着物調査を行いました

調査方法の説明

11月5日(日)、「琴引浜の鳴り砂を守る会」による

漂着物調査が実施されました。この調査には、毎回、地元

網野高等学校ボランティア部の部員が協力してくれます。

開始前、調査の方法や注意点について同会顧問、安松貞夫

氏から説明を受けます。

調査用の道具類

調査は、厳重な調査マニュアルに沿って実施されます。

どんな細かなごみも漏らさず採集できるよう、様々な

道具が必要。

調査区域の検尺

グリッドに区切る

横10m×縦30mの調査区域を決め、汀線から海、中、

陸、三つのグリッドに区切り、このエリア内のゴミを

採集するという調査方法。

ゴミを拾う

縦一列に並び、横へ移動しながらゴミを拾い集める。

小さなゴミも徹底的に

どんな小さなゴミも徹底的に拾い集め、トレイに入れる。

マイクロプラスチック

マイクロプラスチック(劣化し細かく砕けたプラスチッ

クごみ:5mm以下の大きさの物をいう)。

海洋環境汚染最大の脅威と云われるのがこれです。

ゴミの分別作業

分別作業風景

集められたゴミは3か所のエリア別にブルーシートの上

に広げ、8種類に分別される。

レジンペレット

レジンペレット(右容器:プラスチック製品の原材料

になる樹脂の粒)も多い。

調査票

2種類の調査票に細かく記入していく。

特殊な調査器具

砂にまぎれているゴミ

砂中のゴミ

特殊な道具を用い、深さ2,5㎝までの砂を採取。

目の細かい篩(ふるい)にいれ、砂を洗い落として砂

中に紛れている細かなゴミも調査。

白いのは、発泡スチロールが砕けたものか。

海

中

山

海側、中央部、陸側で採集されたゴミ。

重量も測る

重量まで測るという徹底ぶり。

ここで得られた調査データは、海洋ゴミの調査機関である

JEAN(ジーン:Japan Environmental Action Network)

やNPEC(エヌペック:環日本海環境協力センター)な

どにも送られる。

このような地道な調査が報われる日が来ることを願いたい

ものです。

お疲れさまでした

調査に協力してくださった、会の皆様、網野高校ボラン

ティア部の皆様、ありがとうございました。

2017年11月8日

琴引浜を詠む句会

浜の散策

恒例のガイドウォーク、「琴引浜を詠む句会」が愛好者

らが集い開催されました。参加いただいた皆様の日頃の

精進がよろしく、天候に恵まれました。

露天風呂

お馴染み、浜の露天風呂。水着姿の女性が入浴中でした

が、「後ろ姿なら」と許可を頂き写真を撮らせて頂き

ました。参加者の皆さんは手を浸けて湯加減を確かめ

てました。

出句

浜の散策を終え、句会会場にて早速に出句(作品を提出)。

今年は、一人4句としました。

昼食のバラ寿司定食

投句を終えると、お待ちかねの昼食。毎回、「琴引浜

まんまクラブ」さんにお願いして、丹後の郷土料理

“バラ寿司”をメインにした定食を作って頂いてます。

今年は写真を撮り忘れました。-写真は昨年の昼食ー

選句

昼食後は、参加者全員で選句(無記名で提出された全作品

を閲覧し秀作を互選で選ぶ)。

得選句は2作品が同点で競り合いましたが、次の作品と

なりました。

 ~ 秋惜しむ 波に消さるる 走り書き ~

細川幽斎の歌碑

琴引浜には二つの歌碑があります。与謝野晶子と細川

幽斎(戦国大名、細川ガラシャの義父)。

昔と変わらぬ景観を保つこの浜で、皆さんも一句いかが

ですか。

2017年11月4日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。