台湾からのお客様

台湾のブロガーさん来館

7月27日、台湾からのお客様。

名前を聞きそびれましたが、有名なブロガーだそうです。

幸い、通訳の方(右端の方)もおられましたので、お話

を伺うと、丹後を取材して周っておられるそうです。

キャンドル作りに挑戦

早速、キャンドル作りに挑戦。

その様子を逆取材させていただきました。

ボトルタイプのキャンドル

美しい海底をイメージして貝殻などを配置します。

これに透明なジェルキャンドルを注ぎ入れれば完成。

「日本食で好きなものは」との問いに、「ウニ!!」。

即答でした。 丹後を楽しんでくださいね。

 

2017年7月28日

アブラゼミの羽化を観察しました

見つめる先には

7月23日(日)、夜の離湖(はなれこ)公園に三十数名

の親子が集合  。皆の視線の先には・・・

アブラゼミの幼虫

いました!! アブラゼミの幼虫です。

今年の観察会にも多くの子供たちが参加してくれました。

セミ博士 嶋田さん

当夜のガイドは、“セミ博士” 嶋田勇さん。

この時季は大忙し。前日は舞鶴で観察会のガイド。

明日は奄美へ、セミの観察に向かわれるとのこと。

背中に注目

午後7時半頃、気がつけば、あちこちにセミの幼虫発見。

自分のベストポジションが決まれば、動かなくなります。

背中のあたりを注目してください。

背中が割れてくる

上半身が出る

全身が出る

全身が出て、徐々に羽が伸びていきます。

この時、セミは血液(緑色だそう)を羽に送り込んで

伸ばしていくそうです。(嶋田先生 談)

草むらの幼虫

明りの先の草むらにも幼虫がいました。動きません。

ごく稀に、地面で羽化するものもあるそうです。

嶋田先生は未だ見たことがないとのことで、この幼虫に

興味津津。

ぬけがら

周囲には、たくさんの「ぬけがら」があり、子供たち

はブローチのように服に付けて遊んでました。

羽化完了

この日は、沢山観察できましたが、全体的に羽化の開始

時間が遅く、午後9時の解散時ではここまででした。

けっこう感動的、神秘的なものです。

皆さんも、身近な所で観察してみてください。

 

 

 

 

 

2017年7月26日

京都府北部アイドル「PARTE PORTE」ご来館!!

結成したばかりのNorth Kyoto Caravan PARTE PORTE(ぱるてぽるて)5名のメンバーがご来館!

鳴き砂体験と貝がらクラフト体験をチャレンジしてくださいました。

キャンドル作り体験 キャンドル作り体験

 

 

 

 

 

 

 

京都北部アイドル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都府北部をアピールされるようで、鳴き砂の説明も熱心に聞いてくれました。

8月11日(金・祝)には、網野町にてライブ☆☆☆ 入場無料です。

LIVE  Vol.2 2017.8.11(金・祝) OPEN14:00~/START15:00~ 30分一本勝負! お楽しみに(^○^)

 

 

2017年7月25日

トウテイランが咲き出しました。

涼しげで可憐な花“トウテイラン”は7月下旬から10月末頃まで花を楽しむことができます。青紫色の花を咲かせます。

トウテイラン2017

 

 

 

 

 

 

 

 

「京丹後市の花」にも指定されている絶滅危惧種の海浜植物で、

日本でも数か所しか自生地はありません。

苗の販売もしていますのでお買い求めください。

 

 

 

 

「トウテイラン(洞庭藍)」オオバコ科 クワガタソウ属の多年草。

環境省のレッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
もちろん京都府でも絶滅危惧種に指定されています。

京都府で自生しているトウテイランが観察できるのは、琴引浜と箱石海岸だけです。

2017年7月25日

7月12日鳴き砂文化館の海浜植物たち

ユウスゲ(夕菅)・・・ユリ科の多年草。夏に100~150cmの長い花茎を出し、枝分かれして、淡黄色で気品のある花を次々に咲かせる。いい香りがあり、夕刻開いて、翌朝の午前中にしぼむ。はかない一夜の命。花期は6~8月。当館のユウスゲは先週より咲き出しました。

ユウスゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウ(浪来草)・・・シソ科タツナミソウ属の多年草。花期は6月~9月。和名は海岸の波が打ち寄せるような砂浜に生息していることから。青い小さな唇型花をつけます。

ナミキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

トウテイラン(洞庭藍)・・・オオバコ科の絶滅危惧種。花期は8月~10月。当館のトウテイランは、7月中旬に咲き出します。現在花芽が伸びて来ています。青紫色の花の色が中国の洞庭湖の水のようにきれいな瑠璃色であることからこの名がつきました。2009年から京丹後市の花に指定。

トウテイラン

 

2017年7月12日

7月10日の琴引浜

今日の琴引浜は、波もなく、海水の透明度も高かったです。数組が海水浴を楽しまれていました。

7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、雨降りで午前中は雷も鳴っていました。鳴き砂は雨で湿ると砂が動かないので音が出ません。

しかし、今朝は晴れていたので砂の表面が乾き、乾いた砂を手で払うようにすると“キュッツ”と鳴いていました。

7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜 7月10日の琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月10日

今日の琴引浜

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の西、グリーンタフが見学できる場所です。フジツボたっぷりの漂着物を見つけました。

琴引浜海水浴場

 

 

 

 

 

 

 

7月2日(日)琴引浜も海開きが行われました。海水浴場には浮きが張られ、これ以上沖で泳がないように取り組まれています。

海水浴

 

 

 

 

 

 

 

本日7月6日は、ほぼ貸切状態の海岸で海水浴を楽しまれているご家族に出会いました。

鳴き砂体験

 

 

 

 

 

 

 

鳴き砂の鳴かせ方がわからなかったようで、説明すると、見事にキュッキュッ。きれいな砂は音が出るんですね~♪

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな海に、巨大な流木。

2017年7月6日

1日漁師体験始まりました。

毎年7月1日から、1日限定で漁師になれる採捕漁業体験が琴引浜の一部で体験することが出来ます。

本日初日、土曜日、天候曇り、波無し、好条件に恵まれ、多くの体験者が採捕漁業体験を楽しまれていました。

入漁磯の範囲をご確認の上、安全に体験してください。

また、1日漁師証のリストバンドが、ラッシュガードなどで隠れ無いようにお願いします。密漁と間違われないように、良く見えるようにご協力お願いします。

一日漁師証1日漁師体験とは!?(

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下記、写真は今日の様子です!!

1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証 1日漁師証

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜鳴き砂文化館では、朝8時30分から、1日漁師証のリストバンドを販売しています。

電話 0772-72-5511

〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津1250番地

2017年7月1日

1日漁師体験☆7月1日からスタート

1日漁師証 ・海に親しんでいただくため漁場を開放するものであり、大漁を担保するものではありません。

・魚場は岩場です。波が高い時は様子を見て、無理の無いようにしましょう。入漁中の安全確保は個人の責任とし必要であれば保険加入など行ってください。

・事前予約は受付しておりません。

・当日、波の状況を見て発券します。(8:30から発券)

・「1日漁師証」なので、子ども・大人同一料金です。

・素潜り漁と徒手採捕漁の違いは、「徒手は潜らない。歩いて見つけた魚介類を獲っても良い。」です。

・「漁師体験」なので、必ず獲れるとは限りません。

・漁場開放時間をお守りください。(午前9時~午後4時)

 

 

1日漁師体験とは!?(

 

 

 

 

 

 

 

 

リストバンド

 

 

 

 

・リストバンドは、目立つ場所(手首、足首)にしっかりと付けましょう。

・リストバンドには、日付が入っております。期限切れは無効です。

 

琴引浜ライブカメラ 現在の琴引浜の状況が確認できます。左端の岩場が漁場の一部です。

 

漁場開放期間 7月1日(土)~8月20日(日) 漁場開放時間 午前9時~午後4時

発券所  ・琴引浜鳴き砂文化館    (〒629-3112 京都府京丹後市網野町掛津1250番地)

                          電話 0772-72-5511 午前8:30から発券しています。

 

素潜り体験

写真は「素潜り漁」体験です。シュノーケル、水中メガネ、フィン、軍手、アミなどご自身で準備して体験してください。

漁場は、岩場なので軍手やマリンシューズなどあると快適です。

素潜り体験

 サザエやアワビなど掘り起こせる道具(マイナスドライバーなど)もあると便利です。

素潜り体験

 サザエ蓋径2cm・アワビ殻長10cm未満の個体は資源保護のため、海に帰してあげてね。

素潜り体験

 マナーを守り、安全に体験してくださいね☆

☆素潜り体験レポート☆ http://但馬navi.com/navi/?news_id=204

また、海水で冷えた身体は、漁場付近にある 温泉で温めてください(^○^)

露天風呂

素潜り体験の海の中をお楽しみください。 下の写真は、メジナの幼魚たち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

健全な海は、生き物が豊富。 どんな生き物に出逢えるか!? 危険な生き物にはご注意ください。

素潜り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

海の中の世界は、美しい!! 生き物を見つけると、テンションUP!!

素潜り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩の色と同化していて見つけづらいですが、頑張ってください。

素潜り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、4人で素潜り体験しました。 獲れると嬉しいですが、自然のままなので、見つからないこともあります。 漁師体験は、ワクワクドキドキで嬉しくもあり、厳しくもあります。 サザエ1つを見つけて獲る、漁師の難しさを味わってください。そして自分で獲った魚介類は最高においしいです☆☆

タコ

 

 

 

 

 

 

 

 

タコも獲れるようですが、素手で触るとタコの吸盤がとても痛いので気を付けてください。

穏やかな漁場

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、穏やかな入漁磯で、海水の透明度100%でした!

 

2017年7月1日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。