微小貝の世界へ

bisyougai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微小貝(びしょうがい)は、英語では Miclo Shells といいます。その名の通り非常に小さな貝殻です。

3mmほどで親貝です。稚貝は、1mmや1mm以下です。

微小貝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この小さな貝は、健全な海でしか生きられません。微小貝が生きている海はきれいな海である証なのです。

この文化館では、この微小貝探しコーナーが大人気!

微小貝探しコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝がらの欠片がほとんどですが、よ~く見ると巻貝が見つかります。

ルーペで探す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーペを使って探すことも出来ますが、目が疲れるので肉眼がお勧め(^^)

探し始めると目も慣れてきて、どんどん見つかるようになります。

みつけた貝がらは、旅の記念にお持ち帰り出来ます。(小さな小瓶200円も販売しています)

 

小瓶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝探し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ集中できるか、子どもさんを見守るご家族もいらっしゃいますし、一緒に探したり、競って探したり・・・、親子で楽しめるコーナーです。

みつけた貝がらを顕微鏡で確かめるのも、楽しみ方のひとつ!

顕微鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顕微鏡で見る微小貝の美しさは・・・脳裏に刻まれる思い出になります。

石英と微小貝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の子は、石英探しが人気です。石英も六角錐の傷のないきれいな高温石英を『幸運石英』と呼んでします。見つけると幸運を呼ぶとか(^^)

 

是非、微小貝や高温石英の美しさを間近で見て、こんな世界があることを知っていただきたいです。

2016年2月28日

可愛い来訪者

セグロセキレイs

最近、奇麗な野鳥が文化館中庭にやってきます。

毎日のようにやってくるこの鳥、図鑑で調べてみました。

セグロセキレイ 拡大写真

セグロセキレイという野鳥でした。ウィキペディアから写真拝借しました。

良く動き回るので、カメラに収めることができたのは上の1枚だけ。

ジョウビタキs

そしてもう一種類がこの野鳥。セグロセキレイ同様、毎日のようにやってきます。

大きさはスズメくらい。これも苦労して撮った1枚です。

またまた調べてみました。

ジョウビタキ 拡大写真

ジョウビタキという鳥でした。これもネットから拝借した写真です。

この地方では冬場しか見られないそうです。

可愛い来訪者を紹介しました。

2016年2月27日

タカラガイのいい話

ここ数年、ご入館者へサービスとしてお渡ししている“タカラガイ”(不足時はお渡しできません)

昨年末、2度目のご来館者が、『財布にこのタカラガイを入れていたら宝くじ10万円が当たったよ!』と、報告してくださいました。

タカラガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当館でプレゼントしているのは、メダカラガイ(グレー色)とチャイロキヌタ(茶色)です。

古代、タカラガイは貨幣として使われていました。お財布に入れておくとお宝を呼ぶという縁起物です。

 

タカラガイは、世界中で分布しており、さまざまな種類があります。

タカラガイの種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界最古の貝貨幣は、中国の殷王朝で使われ、その後も東南アジア、フィリピン、インド、アフリカなどで使われた。

貨幣として最も利用されたタカラガイは、上の写真の6:キイロダカラです。

東京書籍発行の『タカラガイブック』で詳しく紹介してあります。非常に興味深い内容です。

タカラガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜では、数種類のタカラガイが見つかります。浜歩きで見つけてみませんか?

2016年2月26日

松の植樹のご案内

琴引浜の後背地、クロマツ林を保全、保護する活動です。

多くの方のご参加をお待ちしております。

平成28年2月28日(日)9時~12時 雨天決行で開催します。

松の植樹案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松の植樹スケジュール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参加・申し込み・お問合せ先

 琴引浜白砂青松保全委員会 事務局 松尾 090-1897-5451

2016年2月22日

3月の企画展『和のキルト展』のご案内

和のキルト展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年も企画展を開催して、多くの方に楽しくご覧いただきました。

昨年の作品とすべて違う作品を展示し紹介いたします。

また、先着100名様に、パッチワークキルト教室の手作り小物をプレゼントいたします。

受付にて『キルト展を見に来ました!』と声を掛けてください。

2016年2月19日

千原せいじさんご来館

先日、千原せいじさんがプライベートで立ち寄ってくださいました。

丹後には、カニ料理や温泉を楽しみによく(?)来られるそうです。

職員と一緒に“ハイチーズ”していただきました。

千原せいじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千原せいじ

 

2016年2月10日

2月の企画展『能面展』のご案内

能面

 

 

 

 

 

 

 

 

能面

 

 

 

 

 

 

 

能面

 

 

 

 

 

 

 

能面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能面展

2016年2月1日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。