年末年始 休館のお知らせ

年末年始は、12月28日~1月3日まで休館いたします。

1月4日(月)9時より開館します。ご来館お待ちしております。

新春和凧展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月4日から「新春 和凧展」を開催しています。お立ち寄り下さい。

2015年12月26日

キャロライン・ケネディ駐日大使が結んでくれた鳴き砂の繋がり

米駐日大使来訪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米駐日大使来訪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流ポスター

2015年12月26日

巨大な蜂の巣発見

蜂の巣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「巨大な蜂の巣を近くの竹やぶで発見した」と、村の方が届けてくれました。

その巨大さにビックリ!!

計ってみると縦60㎝、横40㎝ほどありました。

DSCN3059(s)

3メートル近い高さから、苦労して切り出してくれたそう。

その時、少し傷ついたものの立派なものです。

竹に巻きついたツルを上手に利用して固定しているようです。

キイロスズメバチ

昆虫のことに詳しい方に聞いてみたところ、この巣の主はキイロスズメバチ

だそうです。発見時には周囲を飛び回っていたそうですが、薬剤を散布して、

翌日切り出しに行った時には姿は見えなくなっていたとのこと。

現在、当館にて展示しています。

2015年12月21日

冬の日本海

DSCN3050(s)

スーパーエルニーニョの影響か、12月に入っても温かい日が続いていましたが、

昨日(17日)からやっと小寒波(?)がやってきました。

琴引浜から東へ向かう海岸道路沿いを少しカメラに収めてみました。

(s)

まだ不十分ですが、少し「波の花」(海面が泡立つ現象)ができかかっています。

水温が下がると植物プランクトンや海藻に含まれる粘液が粘度を増し、

その海水が激しく岩場に打ち付けられることによっておきる現象です。

DSCN3056(s)

山陰海岸ジオパークの名勝「立岩」です。

この岩を見るのはこの時季が一番だと思います。

実際に寒風を肌に受け、ゴーゴーと唸る波の音と一緒に見ると迫力満点です。

DSCN3054(s)

こちらも有名な「屏風岩」。

時々しか見られない“屏風滝”(実名ではありません)が左側壁面に

少し見られます。隣には本格的なカメラを三脚に据えたカメラマンも。

しばらく眺めていましたが飽きません。

 

 

 

 

2015年12月18日

今日の琴引浜

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は1日曇り空の琴引浜でした。砂も乾かず鳴き砂は聞かれません。

西の端まで行くと乾いた砂が少し鳴いてくれました。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

 

露天風呂も砂で埋まりこの状態。

漂着物

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しいロシアの漂着物発見! その手前には、ウニの仲間ブンブクが!

ブンブクチャガマやら色々な種類がありますが、これはネズミブンブクでしょうか?10個くらい拾いました。

ブンブク

2015年12月18日

新春企画「和凧」展

新春和凧展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始12月28日(月)~1月3日(日)まで休館します。

新年は、1月4日(月)から開館します。

2015年12月16日

海外からのお客様

DSCN3000(s)

12月、海外からのお客様が琴引浜へ来られました。

台湾から視察に来られた旅行業者の御一行様です。

打ち合わせ会場となった民宿さんの一室にはこのような横断幕が。

DSCN3004(s)

教育旅行を企画している台湾の旅行業者さん。琴引浜や地元掛津は様々な

体験をするには魅力のある地域です。それぞれの体験プランについて

地元関係者と、熱心な打ち合わせが夜遅くまで続きました。

DSCN3008(s)

その二日後には、中国広州からも教育旅行の下見に関係者が来られました。

前夜には交流会が地元のお寺「海蔵寺」で開催されました。

背景には宮本肇童東堂直筆の歓迎横断幕が掲げられています。

DSCN3006(s)

まず、短時間の座禅を体験していただきましたが、その心得について

東堂が分かりやすく解説してくださいました。

DSCN3007(s)

こちらも非常に和やかな交流会となり、この村を大変気に入って下さった

様子でした。翌日には各所を下見され、こちらも好印象を持ってくださった

ようです。

2015年12月14日

京都府環境フェスティバル2015開催

DSCN3024(s)

12月12日~13日、伏見区の京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)

にて京都環境フェスティバル2015が開催されました。

メインステージではポスターコンクールの表彰式が行われていました。

DSCN3025(s)

「琴引浜の鳴り砂を守る会」も「ネイチャークラブハウス」の協力を得て、

例年、出展しています。

広い会場内を100以上の出展ブースが埋め尽くしています。

DSCN3014(s)

様々な漂着物を展示し、海の環境を守る重要性を訴えています。

DSCN3022(s)

こんな変わった漂着物も・・・  中国? 台湾でしょうか・・・

DSCN3012(s)

こんな恐ろしい漂着物もあります。 “国籍不明の医療廃棄物” です。

クリーンアップの様子(縦型)

琴引浜では、毎日の清掃活動をはじめ、様々な環境調査も実施しています。

このような漂着物を根気よく調べることによって、対策を講じる手がかりを

探ります。 地味な作業ですが、その様子も紹介しています。

DSCN3033(s)

メインステージでは、人気漫才コンビ「銀シャリ」が、漫才を披露したり、

ステージの進行係りを務めていました。

さすが人気者、何重にも人垣ができていて近づけません。

バカチョンカメラを目いっぱいズームにしてこの程度です。

DSCN3029(s)

こちらの人気コーナーは宝探しのワークショップ。

「微小貝」、「水晶」、「ビーチグラス」などを探し出し、オリジナルの

小瓶ストラップが作れるとあって、子供から大人まで常時満席。

来年はぜひ現地(琴引浜)で体験してみてください。

2015年12月13日

ナショナルトラスト「会員の集い2015」開催

250px-Gakushikaikan_1[1]

12月1日(火)、東京神田の学士会館にて、公益財団法人日本ナショナル

トラスト(JNT)主催の「会員の集い2015」が開催されました。

DSCN2932(s)

学士会館は学士会(旧帝大卒業生)の倶楽部施設として、昭和3年に

建造された建物で、国の登録有形文化財となっています。

歴史的建造物の保存活動にも係るJNTに相応しい会場です。

DSCN2940(s)

多年にわたる功績をたたえ、6名の会員が永年会員表彰を受けられました。

DSCN2937(s)

会場スペースの問題もあり50名限定の“集い”となりました。

また、この会議に先立ち、全国のヘリテイジセンター代表者らによる

「関係者会議」も開催され、交流を深めました。

DSCN2935(s)

琴引浜(鳴砂)の紹介をさせていただく機会を得、

会員の皆さんに、実際に上質の「鳴砂」を体験していただきました。

皆さん、どんな感想を持たれたのか気になる所ですが、今後も様々な地域で、

環境問題を含め京丹後、琴引浜をアピールしていきたいと思います。

2015年12月10日

今日の琴引浜

今日は一日曇り空でした。浜の砂もすっきり乾かず鳴きませんでした。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒波が鳴き砂を洗い清めてくれています。

琴引浜の東側 遊海水浴場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の東側、遊海水浴場からの眺めです。

漂着ゴミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜には、この時期の困り者 漂着ゴミがいっぱいでした。

漂着ゴミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日特に目についた漂着ゴミは、この ドデカゴミ 弾力のあるスポンジ状のもの。もとは何に使われていたのでしょうか?

貝がら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お宝もしっかりゲット! ナデシコガイです。とてもきれい!

貝がら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期ならではの、アオイガイも見つけることができました。欠けていてちょいと残念でしたが・・・。

皆さんも、この時期、貝がら拾いを楽しんでみてください(^_^)

2015年12月6日

メニュー