琴引浜の露天風呂 今シーズン終了

知る人ぞ知る 秘湯 琴引浜の露天風呂

4月下旬から10月末まで 毎年 無料で入浴することができます。

露天風呂

 

 

 

 

 

 

 

 

浜辺にあるので 冬場は波が来て 砂で埋まってしまいます。

11月22日(金)今シーズンは 今日で終了しました。 また、来年お楽しみに☆

露天風呂と漂着ゴミ

 

 

 

 

 

 

 

 

波と砂だけでなく 沢山の漂流ゴミも 波の力で 運ばれていました。

2013年11月22日

近畿高等学校駅伝競走大会の模様

高校駅伝

 

 

 

 

 

 

 

 

平成25年度 男子第64回・女子第29回 近畿高校駅伝大会の第2区の選手が鳴き砂文化館前を通過していきます。

駅伝大会

 

 

 

 

 

 

 

 

第2区は、3km。下り坂であったこともあり、かなりのスピードがでていて、迫力を感じました。

駅伝大会

 

 

 

 

 

 

 

 

第2中継所目前、タスキを手に取るランナーも多かったです。

駅伝大会

 

 

 

 

 

 

 

 

駅伝大会

 

 

 

 

 

 

 

 

駅伝大会

 

 

 

 

 

 

 

 

駅伝大会

 

 

 

 

 

2013年11月17日

「2013 全国鳴砂サミットINいわき」の報告

11月2・3日(土・日) 第18回全国鳴砂サミットが福島県いわき市にて開催されました。

福島県いわき市豊間海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

この浜は、サミットの行われた「いわき新舞子ハイツ」の側にある新舞子海岸です。鳴砂ではありません。会場周辺もいたるところに津波の生々しい傷跡が残り、復旧、復興の遅れを感じました。

鳴砂ネットワーク総会

 

 

 

 

 

 

 

鳴砂ネットワーク総会では、琴引浜鳴き砂文化館に設置の“被災地鳴砂の浜義援金募金箱”30,671円を琴引浜の鳴り砂を守る会を通じて被災鳴砂保護団体へ手渡されました。

鳴砂ネットワーク総会

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、鳴砂サミットが開催され、いわき市立勿来第一中学校(※1)と国立福島工業高等専門学校(※2)による研究発表。

いわき鳴き砂を守る会より『巨大津波に耐えたいわきの鳴砂』と題して活動報告をいただきました。

大阪市立大学大学院准教授 原口強氏に「巨大津波に耐えた鳴砂の浜はどう挙動したか?」基調講演をいただきました。

全国の鳴砂体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 全国の鳴砂試音体験コーナーも同時開催。 

じゃんがら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島県いわき海星高等学校の生徒による「じゃんがら」と

福島県立好間高等学校の生徒による「フラダンス」で華やかなショーを見せていただきました。

フラダンスショー

 

 

 

 

 

 

2日目には、鳴砂の浜「豊間海岸」で鳴砂の調査と放射線量測定を行いました。

豊間海岸 

 

 

 

 

 

 

 

豊間海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

豊間海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

8.57mの津波に襲われ比較的比重の重い砂鉄ばかりが残ったせいで浜全体は黒ずんでいましたが、鳴砂はよく鳴きました!!

豊間海岸

 

 

 

 

 

 

 

 

いわき鳴き砂を守る会(※3)の皆さんから、鳴砂の鳴き具合、放射線測定の定点調査結果報告をいただきました。皆さんの苦労と努力に感心しました。

調査結果報告会

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の高校生による、鳴砂サミット宣言にて閉会行事を行いました。

サミット宣言

 

 

 

 

 

 

 

 

(※1)いわき市勿来第一中学校

私たち福島県いわき市立勿来第一中学校報道委員会は、地元に根ざしたテーマをもとに番組制作行っています。そして昨年度制作した勿来海岸の鳴砂についてのテレビ番組「Lost & Found~鳴き砂を探して~」は、パナソニックが主催する映像コンクールにおいて「よみがえる故郷の宝賞」をいただきました。これを機に地元の海岸清掃や鳴砂調査にも参加させていただき、鳴砂に対してより深く愛着を感じるようになりました。これからも継続して故郷の宝物である鳴砂を大切にしていきたいと考えています。

(※2)国立福島工業高等専門学校

 東日本大震災を機に、海岸の環境指標の一つである鳴き砂をテーマに、いわき市内の海岸の調査を開始しました。新舞子海岸、豊間海岸、永崎海岸、下神白海岸、勿来海岸を対象にして、マイクロスコープを使った砂粒の粒径・鉱物の割合の調査、鳴音の周波数分析、砂の汚れの調査を実施し、他の浜との比較も通じて各浜の現状と問題点を把握しました。今回のサミットではその調査研究活動の成果を報告されました。

 (※3)いわき鳴き砂を守る会

平成8年設立。平成22年度からいわき16海岸の定点観測調査を実施し、23年2月に実証検査報告書を刊行。その成果はメディアを通じて全国に紹介されました。翌月に東日本大震災が発生しましが、震災から10ヶ月後には鳴砂の変化を分析するため16海岸の再調査に着手。また、調査に合わせて「いわき鳴き砂フェスティバル」を開催し(24年11月豊間、25年7月勿来、同9月小名浜)、地元市民、中学・高校生らの参加により鳴砂と放射線の調査、砂絵体験会の開催などに精力的に取り組んでいます。

 

2013年11月16日

豊間海岸(とよまかいがん)

福島県いわき市「豊間海岸」所在地: 福島県いわき市

加盟団体 : いわき鳴き砂を守る会

北は塩屋埼灯台から南は合磯岬に至る約3km余りのビーチで、福島県立磐城海岸自然公園内にあります。「うつくしま、ふくしまの音30景」、平成19年には「福島遺産百選」にも選ばれた、未来に残すべき自然景観の素晴らしい海岸です。
豊間海岸の鳴砂は平均粒径0.17mmと大変細かく、石英粒の含有率67%と鳴き音とともに高いのが特徴です。
地元住民の方々をはじめ、市内企業、サーファー仲間でも清掃活動に取り組むなど、多くの方々が保全に取り組んでいます。

 

 

 

◆定点観測報告書…平成9年から平成13年に、いわき市から以北の県境までの約100キロ各海岸砂浜を調査、請戸浜のみ洗浄後の海砂が「鳴き砂」として残置。翌平成14年からいわき市以南茨城県日立市までの海岸を調査したが、北茨城市長浜海岸と磯原海岸の一部のみに鳴砂が存在し、他はいずれも消滅した。「いわき経営推進懇話会鳴き砂部会(元代表早川絋之氏)」から引き継いだ、いわき16海岸の定点観測所を新たに設定し、海砂を採取して鳴砂の有無などを調査し、16海岸定点観測実証検査報告所を平成23年2月に発刊した。

 

◆会の歩み

平成8年(1996年)設立 会員9名

平成8年 松川源吾氏が会長就任

平成11年 海岸のクリーン奉仕と鳴砂の保全「いわきライフ賞」を受賞

平成16年 「2004全国鳴砂サミットinいわき」を開催

平成17年 柴野正明氏が会長就任

平成22年 いわき16海岸の定点観測を実施

平成23年 16海岸定点観測実証検査報告書発刊及びいわき鳴き砂展開催

平成23年3月11月 東日本大震災

平成24年 震災から10ヶ月後に追跡調査を実施

平成24年5月 第43回全国海岸協会「海岸功労賞」受賞

平成24年 佐藤孝平氏が会長就任

平成25年3月1日現在の会員数33名

2013年11月16日

今日の琴引浜

11月14日(木) 秋晴れでとても気持ち良い浜散策となりました。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方4時ごろの琴引浜です。

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜 

 

 

 

 

 

 

 

浜には細かい漂着ゴミ(石油製品のゴミ)が散乱しており、回収作業をしています。

2013年11月14日

クリスマスリース作りませんか?

この期間限定 ”クリスマスリース手作体験” ができます!!

手作リース11

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜の漂着物、貝がらやビーチグラス。

手作リース4

 

 

 

 

 

 

 

 

琴引浜周辺の松林にて、まつぼっくりも拾ってきましたよ。

手作リース7

 

 

 

 

 

 

 

 

体験料金は、¥700  

リース台がなくなり次第終了となります。

お早めにどうぞ~ 

2013年11月10日

峰山小学校で手作り体験

峰山小学校 文化部さんより 出張手作り体験の申込みをいただき 親子で手作り体験されました。

峰小手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

貝がらとビーチグラスをバランスよく貼り付けていきます。みんな真剣です。

手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても斬新な作品づくりに挑戦されていました。 スゴイ!!

手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

手にまみれるような小さな貝殻を皆さん上手に使っていましたね。

万華鏡づくり

 

 

 

 

 

 

 

 

万華鏡の反射板の出来上がり、反射板から見る世界は面白いね!

手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

貝がら選びも真剣です。

コースター

 

 

 

 

 

 

 

 

完成イメージをふくらませ、ステキなコースターの出来上がり!!

手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝がらも沢山あって迷っちゃうね。

フォトフレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーチグラスとウニのとげでかっこよく仕上がりました。

フォトフレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

保育所のお嬢ちゃんも上手にボンドを使ってフォトフレーム作りをしてくれました。

手作り体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん和気あいあいと楽しい手作り体験となりました。

フォトフレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品

 

 

 

 

 

 

 

 

ステキな作品が次々と仕上がりました。思い出の写真とともに飾ってくださいね!

琴引浜鳴き砂文化館では、予約なしで手作り体験が楽しめます。開館している時は、いつでも作れます。ご来館お待ちしています。

また、夏休みなど自由工作に困ったときに利用していただいてもいいですよ!

 

2013年11月9日

7色のアーチと文化館

虹と文化館

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中は、大変いいお天気でカメムシさんも日光浴していました。もちろん琴引浜の鳴砂もよく鳴きます。

ところが、午後から風が強くなり午後4時過ぎ雨が降り出しました。と思うと日が差したりして“これは虹がでるのでは”思った通り、鳴き砂文化館を囲うように虹が見えました!!

虹と文化館

 

 

 

 

 

 

 

 

虹

 

 

 

 

 

 

 

 

虹が現れるのは、太陽の反対側の空で雨が降っている場所。正確には、太陽に対して180度反対の対日点(自分の頭の影が映る場所)から約42度の角度にあたる位置だそうです。覚えておくと虹が見つけやすいのでは。(参考資料 武田康男 日本列島驚異の自然現象 昭文社)

2013年11月8日

メニュー