鳴き砂文化館設計者 「吉田 桂二 先生」が来館!

 6月22日に、鳴き砂文化館設計者の吉田桂二先生がナショナルトラストの職員さんとともに来館されました。ご存じのとおり、吉田先生は日本を代表する木造建築の設計者です。来館後早速、琴引浜の鳴り砂を守る会、京丹後市文化財保護課職員の皆さん方と一緒に建物内外を見て回られ、建物の修理個所、修理方法等について話し合われました。当館は今年の10月で10年の節目を迎えます。今後、建物の老朽化してきた箇所を修理するとともに展示についても刷新し、リニューアルオープンに向けて協議を重ねていくことになります。

 

 

 

 

2012年6月30日

琴引浜ガイドウォーク 「水晶浜に行こう」 無事終わりました!

 前日までの雨で開催が危ぶまれた琴引浜ガイドウォーク第3弾「水晶浜に行こう」ですが、天は我々に味方してくれ、予定通り6月17日(日)に挙行することができました。当日の参加は、一般参加6名、ガイド2名、事務局1名、それにお手伝いとして網野高校ボランティアの生徒3名の総勢12名でした。10時過ぎに小浜海水浴場を出発、水晶浜、万畳の鼻を経由して琴引浜まで歩くという、かなりハードなコースでしたが、水晶浜での宝石(高温石英の結晶)探し、散策コース脇に咲くシライトソウ、トキソウ、ノハナショウブ等季節の花を満喫しながら、全員が無事踏破しました。心地よい疲れのあとは、地元民宿の若主人たちが工夫を凝らした昼食が待っていました。地元で採れた旬の食材を使い、彩も味も最高でした。お陰さまで、ご参加いただきました方々、御協力いただいた方々、それにスタッフが一つの輪になって交流をはかることができました。

歩き始めて間もなく、ライオン岩付近で・・・

水晶浜にて、浜の成り立ち、高温水晶、結晶の探し方についてのレクチャーを受けました。

皆さん、真剣に宝(高温水晶の結晶)探しです。

参加者の一人、水谷さんが探しあてた見事な結晶。まるでダイヤモンドの原石のようです。

琴引浜では、鳴き砂、グリーッタフ、生痕化石、白滝など見どころいっぱいです。さらに驚きは・・・

トキソウです! 見事に咲いた姿に感謝、感激!

少々疲れましたが、いろいろと珍しいものを観察することができ、全員満足です。そして最後は・・・

お楽しみの昼食です。

 地元特産の料理が、このガイドウォークの大きな魅力(セールスポイント)です。今回は掛津地区内の民宿の若主人の方々が、地元産旬の食材を活かした料理(サザエご飯、あごの刺身、サワラの焼き物等)を提供してくださいました。とても美味しくて、サザエご飯のお代わりもでき、皆さん大満足でした。

  こうして、ガイドウークは無事終了しました。この企画に関わってくださったすべての方々に「感謝、感謝!」、本当に有難うございました。

 この次は9月中旬、ガイドウォーク第4弾「琴引浜のトウテイランを愛でる-仮称」 でお会いしましょう。

 

 

 

 

2012年6月20日

「はだしのコンサート2012」 ご参加いただき有難うございました!

 6月3日(日)晴天のもと、はだしのコンサートが今年も盛大に開催されました。「あなたが拾ったゴミが入場券」を合言葉に始まったこのコンサートは、今年で19年目を迎えました。清掃活動及びコンサートのほかに、今年もビーチ&クロスカントリー、フリーマーケットがこのイベントを盛り上げ、朝から夕方まで延べ2000人余りの人で賑わいました。後援・協賛してくださった関係者の方々、趣旨に賛同して出演してくださったアーティストのみなさんはもちろんのこと、遠くから足をお運びいただいたお客さま方、スタッフとして参加していただきましたボランティアの方々、本当に有難うございました。また、実行委員の皆様、本当にご苦労様でした。

 「これだけ長続きしている地域イベントは珍しい」という声が各方面から聞かれます。これ偏に、開催趣旨に賛同してくださる多くの方々、鳴き砂の琴引浜を愛する方々のご支援の賜物ではないかと思います。いよいよ来年は20年の節目を迎えます。来年も、琴引浜で多くの方に再会できることを楽しみにしています。

 岡田実行委員長の開会宣言。司会進行は、お馴染みの秋人さんです。

 

鳴り砂ビーチ&クロスカントリー。号砲とともに一斉にスタートです。

砂浜と後背地の林間を走り抜ける、とてもハードなコースです。

続いて、参加者全員でごみ拾いが行われました。

友達同士で参加。有難うございます。

「あなたの拾ったゴミが入場券」  ごみ袋の回収風景です。

会場では京丹後市の観光マスコット「こっぺちゃん」が登場。 子供たちに大人気でした。

 ごご1時から、いよいよコンサート開始です。 出演アーティストを紹介します。

琉華のみなさんは、沖縄の衣装で登場です。

地元京丹後市出身のアーティスト、ひめの あきらさんです。

制服向上委員会の橋本美香さんと香取優花さんです。

毎年お馴染みの「和太鼓どん」のみなさんです。

鹿児島県喜界島から駆けつけていただいた、川畑さおりさんです。

司会進行もお願いした秋人さん。

Pai×2(ペペ)のお二人です。

そして、最後の「みんなでセッション」。 地元島津小学校の児童たちと出演アーティスト全員が「琴引浜によせて」を合唱しました。

 午後5時過ぎに、すべてのプログラムが無事終了。本当にお疲れ様でした。そして、本当に有難うございました。

はだしのコンサート終了とともに、日が暮れていきました。来年もまた琴引浜でお会いできることを・・・

 

2012年6月6日

メニュー