琴引浜の夕景

琴引浜では、3月のお彼岸から9月のお彼岸まで水平線に夕日が沈みます。

琴引浜の夕景

2008.3.2 撮影

2011年3月23日

特別企画「ギフチョウと世界の希少アゲハチョウ展」

琴引浜後背地の林に生息し、春一番に姿を現す日本固有種の「ギフチョウ」。環境省のレッドデータブックの絶滅危惧種、京都府の天然記念物に指定され、各地で絶滅が心配されています。

「ギフチョウ」の不思議な生態を紹介するとともに、日本各地(秋田県から山口県まで)のギフチョウ標本の展示を行います。あわせて、今日世界中で絶滅の危機にある稀少なアゲハチョウ約70種の標本展示も予定しています。

ギフチョウと世界の希少アゲハチョウ展

2011年3月23日

全国鳴砂ネットワークについて

全国鳴砂ネットワーク

かつて日本の海岸の多くは鳴砂の浜であったと言われています。ところが、海浜の汚染や海岸の開発などにより、白砂青松といわれた海岸な少なくなり、現在、鳴砂の浜として確認されているところは、全国で30ヶ所余りとなっています。鳴砂は、環境汚染に敏感に反応するため健全な自然環境が保たれているバロメーターであるといわれています。

公益財団法人日本ナショナルトラストでは、平成7年に全国の鳴砂の浜を保全している行政や団体に呼び掛け、「全国鳴砂ネットワーク」を組織し、毎年「全国鳴砂サミット」を開催しています。

市民・行政・専門家等が力を合わせて、かけがえのない自然・文化遺産である鳴砂を後世に伝え残すことを目的に活動を進めています。

 鳴砂ネットワーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年3月14日

メニュー