水晶浜の様子

琴引浜の西に高さ101mの万畳山があります。その麓にある小さな砂浜が「水晶浜」です。

水晶浜

 

 

 

 

 

 

 

 

大粒の水晶砂が太陽に照らされキラキラ✨ とても綺麗です。

水晶浜

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、すごい漂着ごみでした。

発泡スチロール

 

 

 

 

 

 

発泡スチロールのごみが恐ろしい量で漂着しています。そして細かくなった破片もいっぱい・・・

水晶浜

 

 

 

 

 

 

 

昨年2度にわたり「水晶浜大作戦」が行われ沢山の漂着ごみを回収しました。

水晶浜大作戦

 

昨年10月の水晶浜大作戦には、80名の方が参加され、約400メートルをバケツリレーで漂着ごみを搬出。

漂着ごみの現状を見る、回収しているとプラゴミの多さや外国からのごみに気づく、大勢で協力する楽しさ、どんどんきれいになっていく浜、美しい自然が更に美しく見える・・・とても楽しいイベントとなりました。

 

水晶浜の入り口

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、水晶浜の入り口

遊歩道

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、琴引浜から小浜まで繋がっている遊歩道、落石注意の看板も・・・

日本海

 

 

 

 

 

 

 

中央の岩場は、千畳敷きの平らな岩場に、帆を掛けたようにそびえ立っていることから、千石の帆掛け岩と呼ばれています。

遊歩道

 

 

 

 

 

 

 

途中には石段もあり、アップダウンのある遊歩道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

雄大な日本海を眺めながら散策コースとしても紹介されています。

八丁浜

 

 

 

 

 

 

 

八丁浜 浅茂川海水浴場では、大勢のサーファーが波乗りを楽しまれていました。

八丁浜

 

 

 

 

 

 

 

漂着ごみ回収に興味を持たれた方、一緒に活動しませんか?

京丹後市地域おこし協力隊 八隅さんのfacebookで 過去のイベント・今後のイベントを紹介しています。

水晶浜大作戦の様子 2020年10月3日~10月9日ごろ

小浜ビーチクリーンアップの様子 2021年2月1日~2月10日ごろ

2021年2月12日

琴引浜の漂着物調査~ネイチャークラブハウス~

毎月、琴引浜の漂着物調査をされているネイチャークラブハウスの安松さんが、本日Zoomを使ったオンライン取材を受けていました。

Zoomのオンライン取材

 

 

 

 

 

 

 

12月7日に琴引浜で回収した「ライター」「医療廃棄物」「自然からの贈り物」を実際に持参され、特にライターは国別に仕分けしてありました。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

韓国44個、中国37個、日本6個、不明20個

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

自然からの贈り物は、今月は「アオイガイ」と「エイの卵嚢」


 

 

 

 

 

 

 

なんと医療廃棄物も実際漂着します。針がついています。

漂着物調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも医療廃棄物。血液も入っています。危険物の回収作業はより注意が必要です。

漂着物調査をされている安松さん曰く、この時期にこれだけの漂着物は少ない様子。あまり海が荒れていないからのようです。

琴引浜の西の端には、大きな冷蔵庫も漂着していて、回収作業が行われていたとか、、、

より詳しくは「琴引浜通信」で検索していただくと、琴引浜ネイチャークラブハウスのホームページが見られます。

是非、ご覧ください。

2020年12月9日

メニュー

琴引浜鳴き砂文化館の所在地

京都府北部広域マップ

〒629-3112
京都府京丹後市網野町掛津1250番地
TEL:0772-72-5511 / FAX:0772-66-3755

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

当サイトご利用上の注意

※当サイトのほとんどの写真等は、クリックで拡大表示ができます。
※当サイトの文章・写真・画像等すべての無断転載転用、商用販売を固く禁じます。